エンタメ

すっぽんぽんになるだけでキレイになる!?女優が裸族になる理由

 

 

一時は芸能界から消えかけた沢尻エリカ(25)が、見事な復活を遂げたのは“裸族”だったからに違いない。
映画『へルタースケルター』(2012年7月14日に公開予定)で、“全裸セックスシーン”に挑戦した彼女。
撮影現場では「隠すのが面倒くさい」という理由で、多くのスタッフが見守る中、堂々と裸体を披露していたのだそう。
その脱ぎっぷりの良さは、まさに裸族そのもので、数々の映画でヌードを披露してきた寺島しのぶ(39)さえも驚愕するほど。
カムバック以来、ますます美貌に磨きがかかったのも、吹っ切れたキャラクターで新境地を開拓したのも、沢尻が裸族であることと無関係ではないだろう。
というわけで、裸族というライフスタイルが、女性にどんなメリットを与えるのかを考察してみた。

 

 

■裸族はどうして美人揃い!?

 

裸族とは、自宅で過ごす際、一糸まとわぬ姿で過ごす人々の俗称だ。
いくら誰も見ていないからといって、全裸で過ごすなんてハシタナイわ…なんて思うなかれ。
裸族を公言する女優には、中川翔子、加藤夏希、岩佐真悠子、藤原紀香、叶姉妹など、そうそうたる美女が揃っているのだ。
それはすなわち、裸族=美しさの秘訣ということだろう。
実際、女性が裸で過ごすことには、多くのメリットがあるのだ。

 

 

●その1:視覚効果で肉体美を追求

 

寒さでつい厚着してしまいがちなこの季節。
久しぶりに鏡の前で裸になったら、腰回りに余計なお肉がたっぷりと付いていた、という方も多いだろう。
それもそのはず、人は“太っている”という自覚がなければ、ダイエットなんてする由もないからである。
ダルダルのスウェットなんて着て過ごしていたら、自分の肥満具合がわからなくなり、欲にまみれた食生活を送ってしまうのも当然なのだ。

 

しかし、裸族は違う。
常に自分の裸体と向き合わなければならないため、肉体美への意識が高いのだ。
結果、裸族の女性たちはボディラインをキープする努力を惜しまず、どんどん美しくなっていくのである。

 

 

●その2:基礎代謝量が増えて、美しくなる

 

ダイエットを語る上で欠かせない基礎代謝量。
普段の生活で消費するエネルギーのことだが、裸族はこの基礎代謝量を増やすのにも効果的だ。
なぜなら、人は寒ければ寒いほど、体温を維持するために、より多くのカロリーを消費するからである。

 

たとえば体感温度が10℃下がったとすると一日に1180kcalも多く消費することになる。裸になるだけで、どんどん痩せていくのだ。

 

また、基礎代謝量が上がると新陳代謝も活発になり、全身の細胞が若返る。
細胞が若返ると、顔や髪に艶が出るだけではなく、内臓の働きも良くなり、身体が健康になる。
その上、新陳代謝が良くなると、多くの女性を悩ませる“冷え性”まで改善される。

 

ただ裸で過ごすだけでこれほど多くの効果があるのだから驚きだ。

 

 

■キレイになりたかったら裸になれ!!

 

裸族がまっとうな美容方法であることがおわかり頂けただろう。
家で裸で過ごしたからって、恥ずべきことなど何もない。
それどころか、女性に嬉しいメリットが盛りだくさんなのである。

 

春までに美しくなってモテモテになりたいというあなた。
さっそく今日からでも、裸族に挑戦してみてはいかがだろうか?
沢尻エリカのような、肝の座った美女になれることうけあいである。

 

 

■関連コラム
優香に習え!話題のダイエットまとめ
気分と食欲の密接な関係って?
ベッドでゴロゴロ「くびれ美人」に!
肩コリ解消のキーワードは「天使の羽根」
膣圧をセルフチェックする方法

 

 

Gow!Magazine TOPへ

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ