エンタメ

衣替えバイブル♡冬に活躍したオシャレアイテムの正しいお手入れ&収納法

たまった洗濯物と女の子

いよいよ本格的に気温が上がってきましたね。朝晩は少し肌寒さがあったりして、衣替えがまだ・・・という方もいよいよその重い腰を上げてやるべきはそう!"衣替え"です。

大切な冬のアイテム、正しいお手入れをしてしまっていますか? 実は以外と知られていないお手入れ&収納法。もう終わった!という方も、これから!というみなさんも、この機会に基本とコツを押さえておきましょう!


1.クリーニング後のビニールは外して収納が鉄則! コートのお手入れ方法

今年人気だったロングコート。型くずれを防ぐためにも、ポケットの中身は必ず出しましょう。それからブラッシングをして、表面のホコリなどを落とします。その後、できればクリーニング屋さんに出すのが理想です。ちなみにクリーニングに出したコートは、必ずビニールのカバーを外してハンガーにかけたまましまってください。最後にクローゼットに乾燥剤や防虫剤を入れれば完璧です。


また、ダウンコートのお手入れも、基本はロングコートと同じです。ただ、ダウンコートは頻繁にクリーニングに出すと、羽毛の油分が取られて保温効果が下がる恐れがあります。ですからダウンコートを新調する際は、衣類にも使える防水スプレーをかけてから着用するのがオススメ。そして少しの汚れは小まめに、中性洗剤を薄めたぬるま湯をタオルに含ませて絞り、ぽんぽんと軽く叩くようにして落としておきましょう。きれいになったら風通しの良いところでしっかり中まで乾かしてからしまってくださいね。オフシーズンでも時々クローゼットから出して風を通しておくといいですよ!


2.除菌や除湿を忘れずに! ブーツのお手入れ方法

ムートンブーツは、履いた後にホコリや砂を落とすためにブラッシングします。もし汚れが落ちない場合は専用のクリーナーが売られていますので、それを使ってください。


忘れてはいけないのが、ブーツの中の除菌や除湿です。専用のスプレーや除湿剤を使うのが1番ですが、もしない場合には新聞紙を丸めて、布か綺麗な紙で包んだ物を入れておくだけで除湿が出来ます。その際、新聞紙をそのまま入れるとインクがついてしまう事があるので要注意!


レザーのブーツの場合も、まずはブラッシングをしましょう。細かい部分は柔らかい歯ブラシを使ってもOK。でも、ゴシゴシ擦らないよう気をつけてくださいね。ブラッシング後は、専用のクリームを柔らかい布で馴染ませていきます。ちなみに、クリーナーとクリームが1度で済む商品も売っているので、使い勝手の良い方を選びましょう! 最後に乾拭きをして終了。収納時はシューキーパーで型くずれを防いでくださいね。


3.ブラッシング命! ファーアイテム全般のお手入れ方法

オシャレ女子であれば、冬のファーアイテムは欠かせませんよね。バッグやマフラー、ベストなどいろいろなアイテムがあります。まず、フェイクファーですが、フェイクファーは水洗いできる物もありますので、その場合は手洗いをしましょう。もちろん、表示に従って洗ってくださいね。そして注意してほしいのが、湿気たまま放っておくと、毛が寝てしまうこと。もし、水洗いをして湿気てしまった場合は、らかいガーゼなどでそっと拭き取るか、冷風を優しく当ててくださいね。ドライヤーの熱風で乾かすと、熱で痛む原因になります。


また、リアルファーは水洗い出来ませんので、日頃のブラッシングが重要です。使用後、手でパパっとホコリを払うだけでもいいのですが、優しくブラッシングすることでさらに細かい汚れも落とせますよ。


収納時はビニール袋に入れるのではなく、不織布のケースを利用して、乾燥剤や防虫剤を入れておきましょう。


汚れをきちんと落としてから収納しよう!

基本はどのアイテムもブラッシングが欠かせません。お気に入りのアイテムを長く使うためには、「日ごろからブラッシング!」「使用後すぐに汚れを落とす!」と覚えておいてくださいね。きちんとお手入れして収納しておけば、寒い冬の訪れも心待ちに思えるかもしれませんね。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ