エンタメ

「諦めたら試合終了だよ!」女を捨てている女性の特徴10選

「おひとり様ブーム」に便乗して、女を捨てた生活を送っているアラサー女性が多くいます。


女子会は“女子ホルモン”が共鳴しあう場所

そのような女性は「いいオトナが恋愛にばっかりにかまけてられないのよね、実際にひとりのほうがラクだし~」という言い分です。

しかも「なんとかなるでしょ」と将来を楽観的に考えているようです。


ですが、ひとり歴が長い女性ほどそこから脱出するのが難しくなり、さらに女を捨ててしまう“負のスパイラル”に陥ってしまうのです。

手遅れになる前に現実を直視してみましょう。


アラサー女性に試していただきたい「もう女じゃないチェックリスト」を用意しました。

あなたはいくつ当てはまりますか?


□人ごみがいやなので、家から一歩も出ない休日でもあり

□コンビニ店員までなら、すっぴん&よれよれジャージ姿を見られてもOK

□「私、もう終わってるから~」がという自虐ギャグが持ちネタ

□発泡酒のストックが切れないようにネット注文はサボらない

□メイクは10分以内で完成できる、その気になれば2分でも

□いざとなったら結婚できると思う、最終的にはお見合いもあるし

□男性から「ねえさん」と慕われる、同年代からもそう呼ばれる

□恋愛ドラマより、お笑い番組が楽しみだ

□基本パンツスタイルでスカートは少ない、ストッキング面倒だし

□見せられるレベルの下着がない、彼氏ができたら買い足すつもり


3~5個当てはまるという女性は、おひとり様歴が長すぎたゆえに、「恋愛」という言葉を忘れてしまっています。恋愛脳を呼び覚ましてください。


6~8個当てはまってしまうなら、男性から性の対象として見られていない可能性が高いです。もしデートに誘われても、それは友情の証でしょう。


9~10個も当てはまるようなら、すでにあなたは女性というより“おっさん”に近い存在でしょう。お酒やおつまみを口にしながら寝っ転がってお笑い番組を見ている姿は、あなたの父親にそっくりではありませんか?


ひとり上手な女性は、女子会へもあまり参加しない傾向があるようです。

しかしこの女子会、ただのおしゃべり大会で無駄な時間などとみくびってはいけません。女子達の“女子ホルモン”が共鳴しあい、枯れかけていた女子力がみなぎってくるはずです。

学生時代、仲良しの女の子が生理になると、つられて自分も生理になるという体験しませんでしたか? きっと、アレみたいな効果があるのでは。


たまには女子会に行き、厳しい同性の目にさらされて自分を知りましょう。

そこで恋やファッションの話をして、美意識を取り戻すことから始めると良いでしょう。

リハビリがてらに、アイドルやスポーツ選手にキュンとして、女性らしさを目覚めさせるのも良いですね。


いくら面倒だからと言って、女としての喜びを捨ててしまっていいのですか?

諦めたらそこで試合終了です。ぜひ女を取り戻してくださいね。


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ