エンタメ

紗栄子とダルビッシュついに決着!芸能人の慰謝料ランキング発表

 

 

1月19日、女優の紗栄子(25)とプロ野球選手のダルビッシュ有(25)がマスコミに向けたファクスでと公式ブログにて、正式に離婚したことを発表しました。子ども2人の親権は紗栄子が取っています。

 

週刊誌の報道では、はじめ紗栄子側は、「慰謝料なし、養育費1000万円/月」というかなり高額な条件を提示していたとされています。
それに対してダルビッシュ側は、「慰謝料1億円、養育費100万円/月」の提示。
金額面でここまで隔たりがありましたが、果たしていくらで決着したのでしょうか。

 

 

■結局、紗栄子はいくら勝ち取った?

 

ワイドショーやネットでかなり注目を集めていた、紗栄子とダルビッシュの離婚騒動。
日刊ゲンダイから「慰謝料5億円、養育費500万円/月で合意か」という憶測が出ていましたが、所属事務所によると「慰謝料はなし、養育費は裁判所の指導に従った適正な価格」という発表でした。
報道では養育費は、月200万と言われていますが、紗栄子が粘りに粘った養育費はいったいいくらになったののでしょうか。
養育費にこだわっていたのも、「法外な慰謝料は課税対象となるが、養育費は対象とならない」という理由だと噂されており、紗栄子の大勝利といったところでしょうか。

 

ダルビッシュ選手は、同19日の早朝にメジャーリーグ、テキサスレンジャーズへの移籍が決定。6年、6000万ドル(約46億円)の大型契約でまとまりました。これは2006年の松坂大輔選手の5200万ドルを大きく上回る数字です。
長く続いていた離婚問題もスッキリしたことですし、メジャーでの活躍を期待したいものです。

 

 

■昔のほうが慰謝料が高い?

 

さて、芸能人の離婚や派手な慰謝料や養育費は、ゴシップネタとして世間から注目が集まります。
過去には、この紗栄子とダルビッシュもかすむほど、とんでもない慰謝料で離婚した芸能人がいました。

 

●慰謝料50億円
1988年に離婚した演歌歌手・千昌夫&歌手・ジョン・シェパード。
ミリオンヒットを飛ばした演歌歌手だっただけに、かなり高額。その後も記録を破られることのない、芸能界でダントツの慰謝料No.1。
のちに千昌夫は18歳年下の外国人女性と再婚。

 

●慰謝料30億円
2005年に離婚したIT社長・藤田晋&女優・奥菜恵。
セレブ婚と言われていたが、お金の価値観によるすれ違いから1年半のスピード離婚となってしまった。
のちに、それぞれ再婚相手を見つけている。

 

●慰謝料18億1800万円
1987年に離婚した歌手・沢田研二&歌手・伊藤エミ。
ジュリーの愛称で親しまれた国民的歌手の結婚・離婚は当時話題となった。
千昌夫に抜かれるまで、芸能人最高額の慰謝料だった。

 

●慰謝料1億円、10億円の財産分与、養育費50万
2002年に離婚した音楽プロデューサー・小室哲哉&歌手・ASAMI。
10ヶ月というかなり短い結婚生活を終えて、小室哲也はすぐにKEIKOと再婚。月々払う約束だった慰謝料や養育費は、その後途絶えてしまったとか。

 

海外ではさらに桁外れ。
プロゴルファーのグレグ・ノーマン&ローラは220億円、俳優のハリソン・フォード&メリッサ・マティソン121億円、俳優のトム・クルーズ&ニコール・キッドマンは102億円と、それぞれゴシップ誌をにぎわせています。

 

(参照:「@離婚|芸能人慰謝料ランキング」より)

 

 

■離婚で得をするのは女のほう?

 

芸能人夫婦の結婚・離婚はかなりお高くついてしまうのですね。

 

今回のダルビッシュ有&紗栄子の「養育費1000万円要求!」という話題も、女の恐ろしさとともに長く語り継がれていくでしょう。
ネタで笑っていられるうちはいいのですが、あまり女性のイメージを悪くすることはしないでほしいものです。

 

◆芸能人は次元が違います…
認知の仕方で男が上がる!?「隠し子が発覚した有名人6連発」
2012年離婚しそうな芸能人リスト

 

 

■関連コラム
●有吉に習え!好感が持てる毒舌テク3選
●夏目三久アナが男ウケする理由
●設楽はセクシー?イイ男の条件6選
●「遺伝子」で分かる理想の相手
●必殺!カレを悩殺するエロ忍法3選

 

 

Gow!Magazine TOPへ

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ