エンタメ

開放的になりすぎて…パリ、ただよう花から国境を越えた愛を学ぶ

パリ、ただよう花


12月21日公開の「パリ、ただよう花」は異なる人種や文化、暴力や優しさ、愛とセックスのはざまで揺れ動く“愛の問題”を描いています。


ヒロインであるホアは、北京で出会った恋人の後を追い、パリまで来たものの捨てられてしまいます。


そして見知らぬ土地で1人さまよっていたところ偶然、建設工のマチューと出会い、次第に惹かれあっていくというストーリーです。


本作ではヒロインのホアが留学先で抱えていた不安や孤独を紛らわすかのように、激しく身体を求める姿が印象的です。


知らない土地には不安もありますが、ちょっと開放的になってしまうのも事実。


今回は海外滞在中のセックスにまつわる体験談をリサーチしてみました。


女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ