エンタメ

こんな理由で休んじゃいました!私たちの仕事サボり記録

サボる

ジョン・レノンが学生時代にサボって居残りとなり、特別指導を受けた記録がオークションにかけられることがわかりました。

お値段は31万~47万円程度と予想されるのだとか。

サボった記録で31万円とは、さすがは世界のジョン。


ところで、みなさんも仕事をサボった経験はあると思いますが、どんな理由をつけましたか?

今回は「そんな理由で?!」という、サボりの理由をご紹介します。


■私たちのサボり白書

●その1:ハムスターの葬儀なんです

「職場の同僚は十匹以上のはハムスターを育てる、筋金入りのハムスター好き。ハムスターが亡くなったと言っては仕事を休みます。ハムスターの寿命は2~3年。犬猫と違ってサイクルが早いので、休む回数が多いんです。一番驚いたのは「初七日だから」という理由。さすがに翌日、上司に呼ばれてましたね」(30歳/オペレーター)


●その2:セールがあるので

「7月と11月のある期間は、女性社員の早退が急増します。ショップのプレセールが大体同じような日程で重なるためなんですが、最近はこの数が多すぎて業務にも支障がでそうな勢いです。大変なのは、サボりの理由が他の子とかぶらないようにすること。セール前は、ランチのときに日程と理由を打ち合わせてます」(26歳/営業事務)


●その3:道に迷ったんです

「中途採用の女子社員が入社2週目で『道に迷って遅刻しちゃいました』と堂々の午後出社をしてきました。いったい昨日まではどうやって出社していたのでしょうか? 隣のデスクで仕事をする私は、彼女のバッグから顔を出すアパレルショップの袋の存在が気になって仕方がなかったです」(28歳/システムエンジニア)


●その4:失恋したので

「女性社員のために“失恋休暇”を儲けている会社があると知った上司が、女性受けを狙って導入したところ、乱用する女性社員が続出。ひどい子は申請しては彼氏と旅行に行き、ほとぼりが冷めた頃に『ヨリが戻りましたー』と、くり返し使っていました」(30歳/サービス業)


■国が変われば、サボり理由も変わる

筆者の住むインドネシアでは、雨がふったら動かないのが鉄則。

そのため遅刻しても「ボクの村では、雨が降っていて出られませんでした」と堂々と言ってのけます。

「カメハメハ大王か!」と突っ込みたくなりますが、こちらでは立派な遅刻理由として成立しているのです。


また、イギリスでは贔屓のサッカーチームが負けたことを理由に仕事を休む人もいると聞きますから、お国が違えばサボりの理由も様ざまということでしょう。


とは言え、サボりはサボり。


理由を考え出す知恵と時間は、仕事で存分に使ってくださいね。


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ