エンタメ

イケメンなのにモテない…プライド高すぎ!喪男の痛いエピソード


顔はイケメンなのに、なぜか全然モテない男性っていませんか。


中でも厄介なのが、自分勝手な妄想や勘違いを繰り返す喪イケメン君です。


男前ゆえに、プライドが高く、なんでも都合よく解釈してしまうところが仇となって、彼女いない暦=年齢なんて気持ちの悪いことになっている人も。


最近、そんな喪男たちが増えているそう。残念なイケメンエピソードを紹介しましょう。



■そんなことされたら引く…ハンサム喪男の痛いエピソード


●その1:アーティスト肌が災いして


「芸大出でちょっとアンニュイな雰囲気の男性と仲良くなったときのことです。犬が好きだと言ったら、数日後にお手製の木彫りの犬をプレゼントされました。でもそれが、ブルドックが必死の形相で何かに飛びかかろうとしているリアルな木彫りで。それ自体も引くのに、ブルのお腹には『I Love You』と墨で書かれていて、恐ろしくなりました」(25歳/飲食)



●その2:オレの夢はお前の夢


「顔はいいのにモテない男友だちから、ある日『オレの夢にA子が出てきたんだけど、オレのこと好きなのかな?』と。聞けば、A子とは2回しか会ったことはなく、言葉を交わしたのも数秒とのこと。自分が勝手に好きになってるくせに、A子が自分を好いてると思ってるあたり、痛すぎて突っ込めません」(27歳/メーカー)



●その3:シャンプーはしない


「コンビニの先輩バイトは、ドレッドヘアーがトレードマークの31歳。話せば話すほど変わってる人で、口ぐせは『大丈夫、オレカッコいいから』。いくらエアコンが効いてる店内とは言え、夏はさすがに髪のニオイがキツイ。『髪洗わないんですか』と聞くと『君に聞くけど、カッコいいのとカッコ悪いのどっちがいいの』と。『でも、臭いのは嫌です』と答えるわたしに『もう一度聞く、カッコいいのとカッコ悪いのどっちがいい』と詰め寄る先輩。『カッコいいのです……』と応じるしかありませんでした。怖かった」(26歳/フリーター)



●その4:呪いの予言


「元々は仲のいい男友だちだったのに、一方的に好かれてしまい、それ以来ストーカーのように付け狙われてます。彼氏ができると、どういうわけかいち早くかぎつけて『オレ以外の男とはすぐに別れるよ』と呪いの予言をメールしてくるまでに。彼に早く彼女ができてほしい」(28歳/金融)



●その5:フェイスブック承認には時間をかけて


「フェイスブックのプロフィール写真に、かなりナルシストな自分写真を掲載している同僚。確かに顔はカッコいいんだけど、ちょっと独特なんです。女性からの友だちリクエストには、承認まで最低1週間は考えるそう。理由を聞くと『俺も好きになれるかどうか、考えてから』だって。重っ。気持悪い。そこまで考えて友だちリクエストしてる子いねーよ」(30歳/食品メーカー)



■もっとフツーでいいんだよ、君はイケメンなのだから


自分のなかのカッコいい像と勝手な妄想が重なると、かなり痛いことがわかりますね。


でも最近は繊細な男性が増えているので、他人事とは言っていられません。


外見につられて深入りしてしまうと、思わぬ面倒を吹っかけられるかもしれないので要注意です。


男も女も「フツーが一番」ってことですね。



関連コラム

食べ過ぎても太らない…真似したい「モデル体型」習慣

慎ましい喪女心!「モテない女の悲しすぎる自虐ネタ6選」

仕事デキない女はモテない!男性が「使えないな」と思った女6選

乾燥肌で老け顔に!? 秋の肌トラブルを解消する保湿新成分


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ