エンタメ

人間力が試される!陰口を聞いてしまったときの対処法


人の集まるところには毒があるもの。
陰口のない社会なんて、ありはしないのかもしれません。

この『陰口』に遭遇する場面が、誰しも必ずあるでしょうが、皆さんはどのように対処しているでしょうか。

陰口は新たな陰口を生む可能性を秘めていますので、上手な対処法で切り抜けていきたいものですね!

 

誰かの陰口が話題になったら

話題が、誰かの陰口になってしまった時、
「何だか同意しなきゃまずいかな…」
「そうそう、あの人そういうとこあるよね…」
と思う場面があっても、うかつに便乗してはいけません。

うっかりした発言で「すごく嫌なやつ」と思われ、次の標的が自分に…なんてことも。

スペインのことわざにこんな言葉があります。
「君と一緒に陰口をきくものは、君の陰口もきくだろう」

そう、一緒に陰口を言い合う仲であっても、別の場所ではあなたの陰口を言われているかもしれません。

こんなふうに誰かを疑うのは悲しい話ですが、そんなものと割り切ることが大事な時だってあります。

 

他人の陰口を聞いてしまった場合

他人の陰口を聞いてしまった場合は、陰口を言っている本人を対象に絞って発言してみて下さい。
「その時のミスは○○さんがフォローしたんですか、大変でしたね」
「○○さん、頑張ってますよね」
など、相手をねぎらうような言葉を返しましょう。

映画『インカ帝国の秘宝』で、こんなセリフがありました。
「悪党と付き合うのも悪くない。自分のよさが分かる」

陰口が蔓延する、嫌な環境に置かれた時には周囲をじっくり見てください。
周囲につられて陰口オンナに成り下がるべきか否か、が分かるはずです。

 

自分の陰口を聞いてしまった場合

そして、もし自分の陰口を聞いてしまった場合、これってすごく気分が悪いですよね。

でも、それもある意味チャンスだと思うんです。
「○○さん、あの時はご迷惑をかけちゃったんじゃないかって心配してたんです」
「こういうとこ直さなきゃ!すみませんでした」
など、何らかのフォローを入れておくことができるチャンスなのです!

ドイツ文学を代表する作家、ジャン・パウルがこんな名言を残しています。
「称讃されたときではなく、叱責されたときに謙虚さを失わない人こそ、真に謙虚な人間である」

陰口も自分の糧にできるようになれば、人間としてかなり成長するでしょう。

 

密告者から陰口を聞いてしまった場合

「○○さんがこんな事を言ってたよ」
と言う密告者がいた場合は、
「そうなんだ、知らせてくれてありがとう」
と、冷静に対応することを心がけましょう。

陰口を言っていた本人を問い詰めたり、周囲の人に密告者の名前を出すのはもちろんNG。自ら争いの種をまくようなものです。

人づてに陰口を聞いた場合、原因を謝りに行ってもイヤミに受け取られかねないので、ここは黙っておくのがベター。

天台宗の尼僧、瀬戸内寂聴さんが以前こんなことをおっしゃっていました。

「人の言うことは放っておきなさい。人は勝手なことを言います。
だからといってその人が何かをしてくれるわけではないんだから。
人の言うことに一々右往左往しなくていいんです」

たいていの人は口だけ出すもの。
大事なのは手を差し伸べてくれる誰かですよね。

他人の陰口に振り回されてばかりいては人生の無駄遣いです!

いかがでしたか?
陰口を聞いてしまったとき、この対処法を試してみてくださいね。

 

関連コラム

『美人は本当に得なのか?』を実験で検証してみた

進化する女子会!スゴイとしか言いようがない…!?

彼氏のケータイを盗み見たいという衝動を抑える方法

世界一細かい浮気を発見するための6つの方法

男ウケ抜群の吉高由里子っぽい女子になる方法

 

おすすめ特集コラム

恋愛を理屈で考えてみる!高偏差値恋愛記事5選

「女って怖いな…」と思わずにはいられない記事5選

自分を売り込むプロ=芸能人に学べ!「恋愛の極意」7選

サボリ女子のホメられBodyの作り方

 

関連商品

プロ野球 歴代監督の「采配力と人間力」 (宝島SUGOI文庫)

 

Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ