エンタメ

イクメンは睾丸が違う!?男性の睾丸の大きさと育児参加に関係性

g092601


男のシンボルともいうべき“睾丸”。


女子にとっては、大きいほど「性欲がありそう」「セックスが盛り上がりそう」と、期待が膨らみますが、どうやら必ずしも良いこと尽くめではないようですよ。


というのも、父親としての傾向と睾丸の大きさを比較研究したところ、父親業においては「大きいほど良くない」という新事実が判明したのです。


今回は、睾丸の大きさと育児参加との関係性について、詳しくご紹介します。



■睾丸の大きさでいい父親になるかが分かる!?


米エモリー大学の研究チームは、男性の睾丸の大きさを計測し、同男性たちの子育て習慣を調査しました。


調査対象は1~2歳の子どもを持ち、その子どもの生物学的母親である女性と一緒に住む、21~55歳の米国人男性70人。


すると、睾丸が大きい男性ほど、おむつの取り替えといった育児への参加が少ないことが判明。


むしろ、睾丸が小さい男性の方が、子どもの写真を見せたときに育児を司る脳内領域の活動が活発で、実際の子育てにも積極的に参加していた、という結果が出たのです。


この結果を受けて、同大学人類学部のジェームズ・リリング准教授は、「睾丸の大きい男性が常に良い父親でないとはいいたくないが、我々のデータからはそうした男性の方が、子どものおむつの取り替えや入浴、食事の支度、医者へ連れて行くといった子育てへの参加が少ない傾向がうかがえる」と説明。


さらに、進化論上、人類や動物は繁殖し、子孫を育てるようにできているという説に対して、「人類が繁殖努力に注ぐエネルギーは限られており、育児にエネルギーを注ぐほど生殖能力は下がるし、またその逆ともいえる」と結論づけています。



■男性器の大きさ、女子はどう捉えている?


睾丸の大きさが男性の育児参加に関係していたとは、驚きの研究結果ですよね。一般的には睾丸が大きいほど、生産される精子の量も多いといいますが……。


正直、睾丸を含めた男性器の大きさに対して、女子はどう捉えているのでしょうか。


カナダ・オタワ大学の進化・性淘汰学の博士研究員、ブライアン・マウツ氏が行った調査によると、「女性は大きい男性ほど魅力的に感じる」ことがわかっています。


調査では、コンピューターで作成した男性の人物画像を、オーストラリア人の女性105人に見せたところ、女性らがもっとも魅力的と評価したのは男性器が長く高身長の男性だったそう。


また、着衣がなかった先史時代の女性は、露出された男性器の大きさから配偶者を選んでいた可能性があり、これにより人間男性の生殖器がほかの霊長類に比べて大きく進化した要因のひとつになっている、とも説明しています。


女性によるパートナーの選択が、男性の進化にも大きく影響を及ぼしてきたとは、男女間において実に感慨深い話ですよね。



■イクメンを狙うなら睾丸で見極めるべし


結婚後のことを考えれば、セックスの良さや男性器の大きさを重視するよりも、子育てをちゃんとやってくれる男性が一番。


男と付き合うなかで、彼の“下半身事情”が気になるアラサー女子のみなさん。


これらの研究結果から、いま一度、セックスのあり方や男を選ぶ条件・方法について見直してみていかがでしょうか。



関連コラム

キャベツじゃない!あの吉本芸人達も実践している野菜ダイエットとは?

「少年の心」で誤魔化すな!彼氏が子どもっぽすぎて困ったこと

妊活している女性30%…女性が知るべき妊娠のこと

韓国ガチョン大学が解明!男性のアソコのサイズを予測する方法



【参考】

睾丸の大きさと育児参加に関係性、「大きいほど良く」はない 米研究(AFPBB News)

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2967307/11323333


男性器は大きいほど魅力的、進化に影響も 研究報告(AFPBB News)

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2938001/10560562


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ