エンタメ

ニュースでよく聞く「経済効果」って何?

y-money0816


大きなイベントがあったり、新しい観光名所ができたり、何かが大はやりしたりすると、ニュースでそれらの「経済効果」が発表されることがあります。


何千万、何億円と景気の良い数字が経済効果として挙げられることが多いのですが、実際、経済効果とはどのようなものか知っていますか?



●経済効果ってどんなもの?


経済効果は「経済波及効果」とも言われます。


実際の計算は複雑なのですが、基本的には、あることに対してどれぐらいのお金が動いたかを示したものだと考えれば分かりやすいでしょう。


たとえばスカイツリー。


開業のとき、経済効果は880億円程度と言われていました。


この金額には、スカイツリーの建築費や、併設ショッピングモールでの売り上げなど直接的なものから、最寄り駅の路線である東武鉄道、さらに遠方から来る人の交通収入など、間接的なものまで含まれています。


経済効果は、そのイベントや場所の「もうけ」「売り上げ」だけではないところがポイントです。


「え、そんなものも?」と思うようなことまで経済効果に含まれていることもあります。


スカイツリーの例で言えば、栃木県日光市の観光者増加もスカイツリーの経済効果として考えられています。


これは、遠方からスカイツリーを観に来た人が、ついでにそのまま東武鉄道を利用して栃木県の日光も観光することが多いからだそうです。



●経済効果は信用できる?


経済効果の値段は、計算・発表する機関によってまったく異なります。


やはり金額が大きいほど目立つので、ニュースではあらゆることを含めた金額を経済効果として発表されることが多いのですが「本当にそんなに経済が動いてるの?」と疑問を唱える人も少なくありません。


今後ニュースで経済効果が出てきたら、ちょっと注目してみてくださいね。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ