エンタメ

2013年のモテ顔は塩顔男子!時代とともに変わるブーム顔6選

g0717-01


『MEN'S NON-NO』7月号で紹介され、話題を呼んでいる「塩顔男子」。


しょうゆ顔よりもさらにあっさり風味に進化した顔立ちの男子を指し、2013年のモテ顔なのだとか。


時代とともに、女性が好む男性の顔も変化。


これまでに実に様々な「○○顔男子」が生み出されてきました。


そこで、これまで女子たちに好まれてきた男性のブーム顔を、ジャンルごとに紹介します。


あなたの好みは何顔ですか?

■あなたは何顔が好き? 男子のモテ顔6選


●その1:塩顔男子


今年No.1モテ顔との呼び声高い塩顔男子の定義は、一重か奥二重のシャープな目元が特徴です。代表的な塩顔芸能人は、森山未來や加瀬亮。


フェイスラインがスッキリと美しいばかりでなく、肌の色が白く、髭もないような全体的に色素が薄い感じが女性たちにウケているようです。


ひ弱そうな印象なのに、のど仏や鎖骨がゴツゴツしているといった男性らしさとのギャップに萌えるのだそう。



●その2:ヘビ顔男子


ヘビ顔男子の特徴は、その名のとおりヘビのような子顔でやや離れ気味の切れ長で一重の三白眼です。代表的なヘビ顔芸能人は、及川光博や松田翔太。


そのヘビのように鋭いまなざしが、知的でクール! と人気を呼んでいます。


ドラマや映画にひっぱりだこのヘビ顔俳優、綾野剛が持つ、どこかミステリアスな顔つきに色気さえも感じてしまうのは、筆者だけではないはず。



●その3:しょうゆ顔男子


1988年に「ソース顔」とともに流行語大衆賞を受賞した言葉で、最も標準的な日本人顔とされる「しょうゆ顔」の人気は現在も不動です。


当時、しゅうゆ顔代表として受賞したのは、少年隊の東山紀之。


彼のように顔全体が細くて小さく、切れ長の目に鼻筋がキレイに通っており、涼しげな顔つきをしているのががしょうゆ顔の特徴です。



●その4:ソース顔男子


話題の塩顔男子の反動か、濃ゆ~い男らしさを求める女子たちの支持を受け、秘かにブームに火が付いているのがソース顔男子。


目鼻立ちが、くっきりハッキリとして、彫りが深く、日本人とは思えない顔の造形をしているのが特徴のソース顔。


そんなソース顔俳優、阿部寛が出演した映画「テルマエ・ロマエ」は大ヒットし、来年には続編が公開されるのだとか。


この流れに乗って、2014年は「濃メン」ブームが来るかもしれませんね。



●その5:酢顔男子


しょうゆ顔から塩顔とあっさり系の顔が女子に人気のようでしたが、さらにあっさりした酢顔男子なるものが出現しました。


その代表とされるのがBUMP OF CHIKENの藤原基央。


優しげな草食系フェイスに癒される女子が多いようです。


草食化が進む男子。彼らの顔も、ますますあっさりとしていくのでしょうか?



●その6:砂糖顔男子


いくつになっても少年っぽさが残るベビーフェィスな顔つきゆえに、「愛らしい=甘い=砂糖」という調味料があてはめられた砂糖顔男子。


代表的な砂糖顔芸能人は、俳優の小池徹平。


そこいらの女子より愛らしいクリクリした目に、チャーミングな笑顔。


ファッションや髪形に「かわいい!」を求め続ける女子たちに愛されて止まない、永遠の弟的存在の顔立ちです。



■あっさり顔人気の昨今…次に来るモテ顔は?


こうして見ると、25年前に流行した「しょうゆ顔」「ソース顔」から現在の「塩顔」まで、じつに様々な○○顔の男子が生み出されてきましたね。


年々男らしさとは逆方向の、あっさり顔が人気なのには驚きですが、これも時代の流れなのでしょう。


あっさりしたものばかりを食べていると、たまにこってりしたものもつまんでみたくなるのが人の常。


次のモテ顔は、どんなものになるのか楽しみですね。



関連コラム

読むだけで痩せる!ダイエットメルマガが口コミで流行中らしい

夏枯れ肌対策!ヒアルロン酸2倍の保湿力で本気のエイジングケア

「今でしょ!」だけじゃない! 林修先生の名言に学ぶ仕事術

正しい日本語を使えている?赤面必至の言い間違いエピソード


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ