エンタメ

貯金ゼロの現実…付き合いでお金がない「お人よし貧困女子」5選


雑誌などに載っている「家計のやりくり」系記事を見て、「みんなこんなに貯金してるの?」と焦りを感じたことはありませんか?


毎月の収入を、毎月決まった額きちんと貯蓄している方は、とても優秀ですよね。


ところが、連日の“お付き合い”が原因で、貯金どころか自分の欲しいものさえ買えないという「お人よし貧困女子」も多いよう。


誘いが断れない貧困女子たちをリサーチしてみました。



■交際費が抑えられない! 「お人よし貧困女子」5選


食事や女子会、結婚式のお誘いなどなど……。


どんな場面においても、人からの誘いがあるというのはとても喜ばしいこと。


でも、人とのお付き合いには“お金”がかかるというのが現実。


声をかけられたからと言って、全ての誘いを受けていたらお財布事情が厳しくなるのは言うまでもありません。


断ることができない「お人よし貧困女子」に、苦しい生活状況を聞いてみました。



●その1:仕事終わりにほぼ毎日外食


「仕事が終わる時間がいつも遅いので、家に帰って自炊する元気がありません。23時を過ぎることが多いので、私的にはコンビニのおにぎり1個で十分なんですけどね。でも、先輩や同僚に『ご飯食べて帰ろうよ』と誘われると、ついつい行ってしまいます……。ファミレスだと1000円以内で収まりますが、ちょっとオシャレなお店に行くと軽く3000円は吹っ飛びますね。おかげで外食貧乏、おまけに体重も増加中という最悪な流れです」(24歳/IT)



●その2:女子会だらけ


「ここ数年、大学の友人と毎週のように女子会を開催しています。必ずオシャレをして、ちょっと高めのお店に行くので、洋服代と食事代で毎月カツカツ。断りたいときもあるんですけど、一度断るともう誘われないんじゃないかと思ってしまうんです。考えすぎですよね」(26歳/銀行)



●その3:ご祝儀貧乏


「年齢的なこともあり、周りは結婚ラッシュ。季節によっては、毎週結婚式なんてこともあります。毎回必ず3万円を包んでいるうえに、ドレス代や美容院代もかかる……。去年はご祝儀代だけで50万円を超えました。交通費や二次会の費用を合わせたら総額いくらになるのか……恐ろしくて計算できません」(28歳/アパレル)



●その4:ベビーラッシュ


「結婚ラッシュが落ち着いたかと思えば、今度はベビーラッシュ! 『おめでとう』だけで済めばいいですが、やっぱりそういうわけにもいかず。年も年なので、安っぽいものをプレゼントするのにも抵抗があって、いつも1万円は使ってしまうんです。もちろんお返しもありますが、現金じゃないので生活は楽になりません」(32歳/広告)



●その5:ママ友付き合いで家計圧迫


「この春から、子どもが幼稚園に入園し、それと同時に幼稚園のお友達ママとの付き合いも始まりました。ママ友の1人が、他の家庭に比べると明らかに裕福なので、その人に合わせるのが本当に大変! 近所の高級フレンチに行ったり、ホテルのブッフェに行ったり、とにかく一度の出費が大きいんです。断ればいい話なんですが、子どものこともあるのでなかなか“NO”と言えず。このままではパートでもやらないとやっていけません」(31歳/専業主婦)



■お人よしという名の見栄っ張りかも?


人からの誘いがあるということは、友達が多いという証でもあります。


「NO」と言えないのは、お人よしという名の見栄っ張りだからかもしれません。


しかし、生活費や家計を圧迫してまで“お付き合い”をする必要はありません。


毎月の交際費をきちんと決めて、その範囲内で上手なお友達付き合いをしていくことが大人の女のやり方です!



関連コラム

婚活でも第一印象バッチリ!美肌美人になるための秘密のアイテム

恋愛力アップ!女の美肌を引き出す秘密、今話題の和漢植物とは?

友人の幸せ報告にイラッ!マイナス感情をハッピーに変換する方法

やっぱり女の友情はハムより薄い!?水面下の女子バトルあるある


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ