エンタメ

ウザすぎる「昔は俺も…」系自慢!思わず呆れた男の武勇伝5選

 

先日、男子大学生がディズニーランドのアトラクション走行中に立ち上がったり、ジェットコースターの先頭部にまたがるなどの迷惑行為を行っていたことが発覚しました。

 

当人たちは反省しているようですが、アラサーになって「昔は俺もワルでさ~」と武勇伝として語られた日には、イラッとするどころではありませんよね。

 

今回は、「男ってバカだな」と思わずにはいられなかった、アホ過ぎる男性の武勇伝をご紹介します。

 

■イラッどころじゃすまない!呆れた男の武勇伝

 

大学生にもなって、テーマパークでの迷惑行為を「偉業」「いい思い出」と喜び、自身のブログ上で公開した大学生。

こんな行為を自慢げに語られたら、イラッとするどころではありません。

 

しかし、世の中にはこのように過去のバカな行為を自慢する男が多く存在します。

 

女子が思わず呆れてしまった男性の武勇伝をご紹介します。

 

●武勇伝その1:モテたアピール

 

「学生のときに、同じクラスの女子が自分をめぐって熾烈な争いが起こったと言う彼。『××くんと結婚できないんだったら死んでやる!』とナイフを振り回す女の子を『オレなんかのために死ぬなんて言うなよ!』と後ろから抱きしめて事なきを得たそうです。この自慢のあと、彼から告白されたのですが、お断りしました」(26歳/派遣)

 

●武勇伝その2:運動神経抜群アピール

 

「同僚の男性が、昔、車にはねられて空中に飛ばされ、『もうダメかも……』と死を覚悟したそうです。しかし運動神経が良かったため、クルッと2回ぐらいまわって足から無事に着地し、無傷で済んだのだとか。自慢げに語られましたが、絶対ウソ!」(30歳/スポーツトレーナー)

 

●武勇伝その3:カッコいいアピール

 

「昔、ジャニーズ事務所にスカウトされたけど、ギタリストになりたかったので断ったのだという会社の先輩。私もギター経験があるので、『なんのギター使ってたんですか?』と聞くとしどろもどろになっていた」(28歳/介護福祉士)

 

●武勇伝その4:元ヤンアピール

 

「『中学生からバイク乗り回してた』『オレが一声かければ後輩200人集まる』『タバコと酒をやりすぎて今は医者から止められてる』など、昔はヤンキーだったアピールがすごい上司。本当にウザいです」(34歳/WEBデザイナー)

 

●武勇伝その5:不思議な力アピール

 

「子どものころ、夜なのに突然周囲が明るくなり、光に包まれて以来、人の心が読めたり、少し先の未来や人のオーラが見えるようになってしまったという後輩。その力を使うと寿命が縮むので、いざというときしか使わないのだそうです。真剣な顔で『実は……』なんて言うからなにかと思いましたよ」(36歳/IT)

 

■男は盛っててもウソでも見栄を張りたい生き物!

 

どの話も、アホらしい武勇伝ばかり。

 

男性には、「オレってスゴイだろ?」と言っている時点で、すでにスゴくないことに気が付いて欲しいものです。

 

しかし、話を盛り過ぎていようが、バレバレのウソ話だろうが、女性に「スゴイ」と思われたいのが、男という生き物。

 

少しでも自分を良く見せたいと、こうやって見栄を張っているうちがかわいいのかもしれませんね。

 

 

 

Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ