エンタメ

イライラは健康的?ストレスが脳細胞を増やし記憶力をUPさせる

ストレス

忙しすぎる仕事に上手く行かない恋愛、複雑な人間関係……日々溜まっていくストレスにお悩みの方も多いでしょう。

ストレスは、心臓の異常や高血圧、消化器系の異常、更には肥満やうつ病を引き起こす要因の一つとして知られるやっかいものです。


しかし、それは慢性的なストレスの場合。


実は短期的なストレスは、脳を覚醒させて働きを高めてくれるということが、カリフォルニア大学の最新の研究で明らかになったのです。

いったいどういうことなのか、詳しく見ていきましょう。


短期ストレスが記憶力をUPさせる

カリフォルニア大学の統合生物学助教授であるダニエラ・カウファー氏らは、ラットをゲージに入れ、迷路のゴールにつながる正確な道を通るごとにエサを与えるという実験を行いました。

まず、ラットにストレスを与えない状態で実験を行い、その後、ストレスを与えるためにラットをゲージに数時間閉じ込め、短期的にストレスを与えました。


ストレスを与えたマウスのストレス量を分析したところ、分泌量は一時的に大きく上昇。

しかし、その一方で、記憶を司る脳の海馬に新しい脳細胞を作り出していることも明らかになったのです。


海馬で新しく生まれた脳細胞が神経として機能し始める2週間後、改めてマウスを迷路に放って実験を行うと、マウスの記憶力はストレスを受ける前に比べて上昇したことが判明しました。


これは短期的にストレスを受けたことで、ラットの脳に神経細胞が増えた影響によるもの。


ストレスを受けると、脳内に「コルチコステロン」というストレスホルモンが増えます。

ストレスホルモンが過剰に分泌されると、それに対抗しようと「FGF2」という化学物質が多量に分泌されるようになります。

このFGF2が神経細胞を増殖する働きをし、脳の活性化に繋がっていたのです。


今回の研究結果について、実験を行ったカウファー氏は、「自然環境の中では短期ストレスが動物たちの注意力や警戒心を保ち、何が脅威であるのかを学ぶことで環境に順応していきます。ある程度のストレスは注意力を高め、行動や認知のパフォーマンスの上昇に役立ちます」と語っています。


ストレスは悪者じゃなかった!

今まで完全に悪者使いされてきたストレスですが、記憶力をアップさせてくれる働きもあることが、今回の実験で明らかになりました。


「悩みなんてないよ~ストレスなんて感じたこともない」という楽天的なひとよりも、少し記憶力が高いのだと思えば、ストレスを感じやすいひとも少しは気が楽になるかもしれません。


しかし、これはあくまで短期的なストレスの話。


長期的に続くストレスは様々な病気を引き起こしたり、精神にも悪影響を及ぼすので、ストレスの溜めすぎにはご注意を。


女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ