エンタメ

30人に1人が性的マイノリティ!知っておきたいLGBTのこと


あなたはすぐ側に性的マイノリティが生活していることを、どれくらい意識していますか?


性的マイノリティはどんな社会でも人口の数%、日本では200万人~500万人が該当すると言われています。


これは、職場の30人に1人はいるくらいの確率になります。


ダイバーシティ=職場の中に多様な人材がいることが職場の強み、豊かさになるという考え方が重視されている昨今ですが、同調を良しとしてきた日本社会でこれを実現するのは、簡単なことではありません。


真にダイバーシティの重要性を理解するには、自分とは異なる世界に生きるひとに対し、フェアさ、謙虚さ、真摯さ示すコミュニケーション力が必要不可欠です。


そこで今回は、職場で性的マイノリティとコミュニケーションをとる際に心がけたい、最低限のマナーをご紹介します。



■性的マイノリティの悩みはひとそれぞれ


ひとくちに性的マイノリティといっても、彼らはそれぞれ別の悩みを抱えています。


たとえば、性的マイノリティの類義語として使われるLGBTは、レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダーの頭文字を繋げた略語であり、その定義もさまざまであるため、簡単に一般化することはできません。


しかし、ほとんどの職場ではどのような対応をすべきかの方針がなく、同僚からイジメを受けたり、当事者のメンタルヘルスの悪化などのトラブルを発生させてしまうケースがあります。


では、性的マイノリティに対してはどのように接するのが望ましいのでしょうか?


性的マイノリティがいきいきと働ける職場づくりを目指す団体『虹色ダイバーシティ』の活動を参考に、ダイバーシティを徹底している外資系IT企業のプロジェクトに参加している筆者(男性/ヘテロセクシャル)の視点から、社会人としてとくに重要だと思える心配りを紹介したいと思います。



●その1:ひとそれぞれの行動特性の違いに善も悪もないことを知る


筆者が現在勤めている企業では、本当に多様なひとびとが働いています。


人種、性別、障がいの有無に関係なく、それぞれが自由に行動できるよう、徹底した配慮がなされています。


もちろんその中には、理解できないタイプのひとも多いですが、そのひとにはそのひとの得意なことがあります。


まずは性的マイノリティでも、そうではなくとも、その行動特性には基本的に善も悪もないということを理解しましょう。



●その2:自分の常識を決して押し付けない


あなたにとっての常識が、相手にとってもそうだとは限りません。


性的マイノリティに限らないことですが、マイノリティ当事者はいつだってカムアウトによって仕事を失うのではないかなどの恐怖を抱えています。


たとえ本人からこっそりカムアウトがあったとしても「周囲に合わせられないのは甘えだ」などと簡単に決めつけたり、それを本人の了解なしに周囲に言いふらしたりしないように気をつけてください。


あなた自身が信頼を失うだけではなく、本人と周囲の人間関係に重大なトラブルを起こす場合があります。



●その3:性的マイノリティが独自の視点を持っていることを理解する


ひとの心は基本的に非寛容に作られています。


認識できるものはあまりに少なく、自分とは異なる価値観に対し嫌悪感を抱くようにできています。


だからこそ、性的マイノリティは社会的に孤立しやすく、生き辛さを抱えている場合が多いです。


しかし、性的マイノリティには性的マイノリティとして生きてきたからこその、独自の視点やクリエイティビティを持っています。


そういった才能を押し潰してしまうのは、社会にとって大きな損失なのです。



●その4:深刻な問題に発展する可能性を理解する


くり返しになりますが、性的マイノリティは生き辛さを抱えている場合が多いです。


そんなひとには、環境を整えたり、逃げ道を作ってあげることが必要です。


性的マイノリティは周囲の誰にも相談することができず、自殺念虜があるなど、深刻な問題を抱えている場合もあります。


あなたのちょっとしたひと言や態度が、相手を深く傷つける場合があるということを、よく理解してください。



■性的マイノリティの尊厳を守るために


どれも当たり前に思えることですが、日本の社会ではまだまだこういったコミュニケーションが浸透していないのも現実です。


筆者自身は、性的にはヘテロセクシャルですが、内向的なうえに複雑な環境で育ったため、長らく社会のアウトサイダーとして生きてきた過去があります。


今なお、筆者はアウトサイダーの視点でしかものを見ることができないため、やたらと空気が読めなかったりして、日常的な会話が難しかったりもします。


だからこそ、性的マイノリティに限らず、相手を尊重しながら自分を守るコミュニケーションの技術が必要だと痛感しています。


性的マイノリティは、あなたのすぐ側で生活しています。


そして、性的マイノリティの人権を軽んじて、イジメや差別を行うのは、社会人としてとても恥ずかしいことであると、筆者は思います。


関連コラム

別れた同僚と奇跡の復縁!!話題のメール占いとは??

年収300万時代到来!いくらあれば幸せな結婚生活が送れるの?

結婚は人生の墓場? 女性が経験した結婚後に待ち受ける試練4選

婚活で印象アップのカギは口元?魅力をアップさせるには?


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ