エンタメ

最近いつ泣きましたか?涙を流して心がリフレッシュするワケとは


先日、テレビ放送をしていた映画「カールじいさんの空飛ぶ家」をたまたま観て、終始号泣してしまった筆者。


花粉症や上手くいかない婚活に疲れ果て、不眠気味だったのに、その日は朝まで快眠でした。


涙は心の汗といいますが、涙を流すと、体の中ではどのようなことが起こっているのでしょうか?


涙を流すとなぜかスッキリする理由を調査してみました。


■涙を流すとスッキリ!その理由とは?


筆者のように、映画を観て感動の涙を流し、なんだかスッキリしたという経験をした人は、多くいるのではないでしょうか。


どうやら、そこにはちゃんとした理由があるようです。


●涙の種類


涙に関する研究を行っているアメリカのウィリアム・H・フレイ博士は、映画に感動して出た「感情の涙」と、タマネギを切って出た「刺激による涙」の成分の違いを比較する研究を実施。


すると、「感情の涙」からはストレス反応として分泌される「ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)」が検出されたそうです。


つまり、泣くことで涙と一緒にストレスが、体の外に流れ出て行っているということです。


だから、「カールじいさん」でスッキリできたんですね!


●涙は脳内麻薬


泣いた後には脳内ホルモンの一種である「エンドルフィン」が増加することが分かっています。


エンドルフィンは脳内麻薬とも言われ、モルヒネのような強い沈静作用があり、精神的ストレス解消に効果があるそうです。


また、免疫細胞の防御反応を強化する作用があるといわれているので、泣くことは笑うことと同じぐらい免疫力を高めると考えられているのです。


笑うことは身体に良いと言われても、「そんなに、楽しいことばかりないよ……」と思っているなら、せめて泣きましよう。 何度も言いますが、「カールじいさん」オススメですよ!


●涙とストレス


大人になると、声を大にして泣くことが少なくなりますよね。


「泣くと、さらに虚しくなる」「泣くなんて、恥ずかしい」と泣くことを我慢して、頑張り過ぎている人もたくさんいるのでは?


でもそれは、せっかく出て行こうとしているストレスを体内に溜め込んでしまっているということです。


頭痛や不眠といった肉体的な悪影響にとどまらず、深刻な精神状態に追い詰められる前に、時間もお金もかからないんですから、悪いものを全部出すつもりで泣いてみませんか。



■感情に素直に生きよう!


あなたは最近、いつ泣きましたか?


悲しいときも嬉しいときも、泣きたいときには涙を流すことが、これからの人生をイキイキと楽しくさせる秘訣かもしれませんよ。


■関連コラム


恋愛力アップ!女の美肌を引き出す秘密、今話題の和漢植物とは?

泣く、運動…科学的に証明されたストレス解消法はコレだった!

デフレ時代のお手軽ストレス発散マニュアル

遠距離恋愛で振られた彼との復縁を成功させる方法


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ