エンタメ

ダメンズ、ドラッグを乗り越え…歌姫ブリちゃん頂点に返り咲き!


2012年、アメリカの経済誌『フォーブス』がもっとも稼いだ女性ミュージシャンを発表しました。

昨年かなり話題となったレディー・ガガやマドンナを差し置いて第1位を獲得したのは、なんとあのブリトニー・スピアーズ。

彼女が波乱な過去を乗り越え、トップに返り咲いた経緯をご紹介します。


■歌姫ブリちゃん完全復活の経緯を追う!

ブリちゃんの愛称で親しまれているブリトニー・スピアーズは1981年12月2日生まれの31歳。

90年代に多くのヒット曲を出し、大活躍した歌姫であることはアラサー世代ならごぞんじの通りです。

まずは簡単にブリちゃんの来歴をご紹介します。


●ブリちゃん鮮烈のデビューを飾る!

1998年、16歳のときに「...Baby One More Time」でデビューしたブリちゃん。

このデビューシングルが全世界で915万枚の売り上げを記録し、さらに翌年リリースしたデビューアルバムも1726万枚を売り上げるという、10代の歌手では世界最高のセールスを記録。

2枚目のアルバム『Oops...I Did It Again』も2096万枚を記録するなど、CDを出せば必ず売れるという音楽業界に鮮烈な印象を与えたブリちゃん。

こうして彼女は一躍アメリカンポップスターの仲間入りを果たしました。

2000年代に最も売れたアーティストとして認定され、デビュー以来のCD売り上げが1億枚を突破。

グラミーやアメリカン・ミュージック・アワーズなど数々の賞を受賞するなど輝かしい記録をもつアーティストという一面を持つ反面、数々の恋愛遍歴などのゴシップセレブとしても有名なんです。


●恋多き女!ダメンズとの交際で破滅の道をまっしぐら

酔った勢いで結婚したものの、思い直して55時間で離婚し慰謝料約5600万円を支払ったり、人気絶頂期には元夫でダンサーのケヴィン・フェダーラインとの離婚協議で息子たちの親権を争うなど情緒不安定に。

その反動からか、バリカンで自らの頭を丸刈りにするという奇行に走ります。

当て逃げ・無免許運転で告訴され、ドラッグ・アルコールを常用の疑いがあるなど、数々の行動でお騒がせセレブとしてメディアを賑わせました。

その後も、ブリちゃんの父親が法的後見人となり、彼の厳重な監視下のもとブリちゃんは地道に歌手活動を続けました。

そして2009年に発売したシングルCDがビルボードで初登場第1位になり、徐々に復活の兆しが見え始めたのです。


●過去を乗り越え完全復活!

様々な奇行もいまは昔。

プロデュースした香水は売れに売れ、発売から5年で10億本を突破。

世界各地でのライブツアーの成功や人気オーディション番組「Xファクター・USA/シーズン2」の審査員に抜擢され、その辛口ジャッジが人気に。

なんと出演から4か月足らずで5800万ドルを稼ぎ出し、今回の「もっとも稼いだ女性ミュージシャンNo.1」という偉業を成し遂げたのです。


■母として、歌手として再び表舞台へ!

華々しい表舞台から転落し、どこに行ってもパパラッチに追いかけられ、元夫に大切な2人の息子の親権を取られ、ドラッグ・アルコールを断つための更生施設に入るなど、廃人寸前だったブリちゃん。

そんな彼女を救ったその陰には、2人の愛息子の存在や、ブリちゃんをずっと支えてきた兄の親友でもある元エージェント、ジェイソン・トラウィックの存在がありました。

そして、2011年の12月、ついにジェイソン・トラウィックとの婚約を発表したブリちゃん。

最近、530億ドルの豪邸を購入し、結婚も秒読みではないかと言われています。

今回の結果を受けて結婚へと急加速するかもしれませんね!

なんにしても、ブリちゃん復活おめでとう! 

このまま何歳になってもブリちゃんにはアイドルで居続けてほしいですね。


■関連コラム

せつない片思いから脱却する方法とは
正月太りを避けられない女子に教えたい「置き換えダイエット」
お金をかけずにキレイでいたい女子の願いを叶える方法
倦怠期カップルに実践してほしい「セックスの初期設定」

 

 

Gow!Magazine TOPへ

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ