エンタメ

男の脳を知れば解決!男性に「面倒くさい」と思わせない会話術

楽しく会話する恋人

いつも彼氏に一生懸命話しかけるんだけど、全然聞いてくれない。

それどころか、顔に「もう面倒くさい」と書いてある。

あなたにはそんな経験、ありませんか?


もしかしたら、彼氏が面倒くさがるのは、女性特有の話し方に苦痛を感じているからかもしれませんよ。男性に言いたいことをスパッと伝える秘訣をご紹介しましょう。


なぜ、男は女の話を聞かないのか

女性の話に男性が耳を貸さない、という事例は、過去の例をひもとくまでもなく、広く知られた現象です。これは、男女の脳の働きに違いがあるために起こります。


男性の脳は、狩りで獲物をしとめるため、目的達成を念頭に発達しています。それゆえ、結論の出ない話にはストレスを感じ、遮断してしまう傾向があるのです。


いっぽう、女性の脳は、村や家族の状態を知り、それを守るため、相手と共感する能力が発達しています。雰囲気やその場のノリだけで、延々と会話が成り立つのはそのためです。


男性には男性の、女性には女性の文脈があるため、そのどちらが正しいとは言えません。しかし、コミュニケーションを成立させるには、おたがいに異性との会話のコツを学んでおくことが大切です。


では、具体的にはどうすれば良いのでしょうか?


男性との会話のコツは、起承転結にあり

ひとに伝わる文章には、起承転結という「型」があります。これは、そのまま話言葉にも応用することが可能です。「そんなこと、いちいち意識してしゃべれない」という方もいるかもしれません。

でもこれ、男性との会話にはかなり効果的なのです。


その方法論を知るために、まずは起承転結を分解してみましょう。

●起=総意を告げる。

●承=起を補足し、具体的に述べる。

●転=視点を変えて述べる。

●結=転の視点を発展させ、結論を述べる。


こうして分解すると、実に論理的ですね。これを会話に応用できれば、論理的思考が大好きな男性には、とてもよく伝わるはずです。


では、具体的に会話に落とし込むと、どうなるでしょうか。「彼氏にわがままを聞いてもらいたい」というシチュエーションで、やってみましょう。


●起=「ちょっとわがままを言っていい?」

●承=「最近、仕事が忙しくてぜんぜん遊びにいけないんだ」

●転=「同期のゆみ子やさと美は、暇な部署だから遊んでばっかりなのにさ」

●結=「今度休みが取れたら、ディズニーランドに連れてってよ」


こうやって話せば、彼氏も話の目的が分かるので目的達成に向けて頭を働かせてくれるでしょう。


いかがでしょうか? 実際に日常会話にしてみると、起承転結を応用するのは、それほどむずかしいことではないことがわかりますね。もちろん、慣れるまでは少々トレーニングが必要かもしれません。

しかし、起承転結は意識していれば、いつの間にか自然と身に付くものです。ぜひ、普段の会話に取り入れてみてください。


一歩上の会話術で、男性とより親密に

女性同士の止めどないおしゃべりは、とても楽しいもの。同じような楽しみを、男性とも共有したい、という気持ちは当然です。


しかし、その感覚を男性に伝えるには、一工夫が必要なのです。男女の違いを理解していれば、ムダにイライラすることもありません。


彼氏に話を聞いてもらえない、とお嘆きのあなた。起承転結を意識した会話で、言いたいことをしっかり伝える努力をしてみてください。

伝える力がつけば、きっと彼氏は「面倒くさい」なんて言わずにあなたの話に耳を傾けてくれることでしょう。


(参考:「うまい!と言われる文章の技術―実例で読む、文章の考え方・磨き方」轡田隆史/三笠書房)


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ