エンタメ

ジャニオタ、占い好き…職場に潜む、30代独女の困ったちゃん

上司や後輩、同僚といろいろな力関係が交差するのが職場。仲良くなり過ぎるのも、終始無言なのもイヤなので付かず離れずの距離を保ちたいところ。

しかし、そうはさせてくれないのが職場の「困ったちゃん」。とくにアラサー独女はとても面倒くさく、彼女らを敵に回すほど恐ろしいことはありません。

そんな困ったちゃんに振り回された、トホホなエピソードを紹介します。


困ったちゃんにはこりごり!トホホエピソード

職場に必ずいる「困ったちゃん」たち。彼女たちに振り回されてしまったトホホなエピソードをご紹介します。


●その1:アイドル狂

「もういい歳なのに、ジャニーズにうつつを抜かし、コンサートの遠征のために平気で有給を取ります。その度にツアーグッズが増え、デスクはアイドルの団扇やカレンダーだらけ。さらに強引にCDを貸してきて、感想を聞かれます。答えないと不機嫌になるので面倒くさいです……」(28歳/会計士)


●その2:制服をカスタム

「学生時代に制服のスカートを短くしたり、リボンを小さく結んだりしたことはあります。でも30オーバーで、会社の制服のスカート丈を異常に短くカスタムしている女性上司がいるのには驚き。座ると、たいてい真っ赤なパンツが見えています。誰も指摘できませんよね。男性社員からは『露出狂おばさん』と呼ばれています」(25歳/事務)


●その3:会社は狩り場

「彼女がいようが、ライバルが現れようが関係なし。とにかく入社してきた男を片っぱしから食い物にする同期の女がいます。仕事よりも、職場の人間関係情報収集に勤しむ毎日のようす。彼女の口癖は『私、会社に仕事をしに来てるんじゃないの!』です。怖すぎます」(33歳/旅行代理店)


●その4:占い好きのお局様

「職場のお局様が無類の占い好きで困ってます。O型の彼女は『A型以外とは相性が合わない』と宣言し、AB型の私とはまともに口を聞いてくれません。A型の同期は気に入られており、毎日のように『1000円でタロットしてあげようか?』と、しつこく言われています」(27歳/ネイリスト)


●その5:恐怖のプレゼント

「誕生日に、上司から手作りクッキーをもらいました。無邪気に喜んでいると、先輩から、『ちゃんとお返しするようにね』と言われました。どうやら、誕生日のひとにクッキーを配っては、お返しを強いているようなのです。先輩はブランド物のハンカチを渡したのですが、『ふ~ん……』と一瞥しただけで受け取ってもらえず、その後会社では『××さん』と呼ばれていたのが『キミ』になってしまったとか。エライものを貰ってしまいました……」(25歳/メーカー)


●その6:友達申請

「あまり話をしたこともない上司から、フェイスブックに友達申請が来ました。立場上断れず、仕方なく友達に。すると、『××(私)の友達です』と言って私の男友達を次々とナンパし、飲み会に誘いまくっていることが判明! いまさら友達から消すこともできないし、男友達にはうんざりされるし散々です」(29歳/介護福祉)


●その7:エロ動画を観賞

「パートの女性が、私以外の社員がいないときに堂々とエロ動画を見ています。時には音が大きすぎるのか、イヤホンから漏れたあえぎ声がかすかに聞こえてきます……。さらに私と共有のフォルダにエロ動画を大量にダウンロードしており、迷惑です」(27歳/Webデザイナー)


困ったちゃんのいる状況を楽しもう

なかなかの困ったちゃんぶりに、もう笑うしかありませんね。

毎日顔を合わせる職場となると距離を置けないのが辛いところ。しかし、困ったちゃんに振り回され、真剣に悩んでは負けです!


この状況を楽しみながら、上手にかわせる技を身につけたとき、また一歩、大人の階段を登ったと言えるのではないでしょうか。


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ