エンタメ

岡村隆史が「もうやめよう、ツイッターとか」

 

 

ナインティナインの岡村隆史が、自身のラジオ番組の中で、最近のツイッターでの騒動に対して批判的な発言をしたことが話題になっている。

 

嵐の櫻井翔が宿泊したホテルの従業員が部屋の様子をツイートした問題や、後輩であるカラテカ入江の目撃情報がツイートされたことを話題に挙げ、「それをなんでみんなに言う必要があるのかと思ってしまうねん。もうやめよう、ツイッターとか」
と、苦言を呈した。

 

つい先日も、俳優の高岡蒼甫がツイッターでフジテレビの韓流を批判したことをきっかけに、所属事務所を退社し、その後もさまざまな芸能人やネットユーザーによる賛否両論が続く騒動へと発展している。

 

岡村隆史の苦言は、ツイッターを発端とした大騒動が相次いでいることへの苛立ちと見られる。

 

たしかに、その多くはあまりに低俗で、モラルの低いものと言わざるを得ない。ついには「ツイッターはバカ発見器」とまで揶揄される始末である。

 

 

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ