エンタメ

ホタルノヒカリ映画化!干物女は新婚旅行でローマのどこに行く?

 

 

家は散らかり放題、休日は昼間っからビール、恋愛ってなんだっけ?…と、およそ20代半ばとは思えないぐうたらぶりを発揮する“干物女子”を描いた人気ドラマ「ホタルノヒカリ」が、このたび映画化されるらしい。

 

干物女とは具体的にこういう女性のことを指す。

 

●家に帰るとジャージ姿だ
●休日はノーメイク&ノーブラ
●「めんどくさい」「てきとー」「ま、いいか」が口癖
●脱毛は夏だけでOK
●忘れ物は靴をはいたままつま先立ちで部屋にあがって取る
●最近ドキドキしたのは階段をかけあがったときぐらい

 

などなど、けっこう当てはまってしまう自分…。

 

自他ともに認める干物女も、表向きはとりつくろっている隠れ干物女も、ドラマを見たあらゆる干物女は、綾瀬はるか演じる主人公・雨宮蛍(あめみやほたる)にさぞや共感したことだろう。

 

ドラマでは蛍の恋の顛末を描いたのに対し、映画版では、結婚した蛍がくりひろげる“新婚旅行先・ローマでのドタバタ劇”が描かれるという。

 

ほー、あの、なにをするにも「めんどくさい」が口癖の干物女が海外進出、しかもローマですか。

 

 

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ