エンタメ

その前向き間違ってるよ!「勘違いポジティブ女子」の残念な行動

ポジティブ

ポジティブさはモテる条件のひとつですが、なかには「そのポジティブさ、間違ってない?」と思わずにはいられない女性に遭遇することも……。

筆者が目撃した、勘違いポジティブ女子のエピソードを紹介します。


■「勘違いポジティブ女子」の残念な行動

ポジティブはいいことですが、こんな勘違いポジティブ女子は見ていて痛々しい!


●その1:ポジティブにアプローチする女

何度も同じ男性に告白し、毎回きっぱりとフラれているA子。しかし「恋愛は当たって砕けろだよ!」と言って、前向きにアプローチを繰り返します。いい加減、そろそろ本当に砕けてもいいと思う。


●その2:ポジティブに彼氏を改造する女

彼氏の服装を女友達にダサいと言われたB子。「いいの、私がオシャレに変身させてみせるから!」と前向きに意気込んでいました。しかし変身後の彼は見事なオラオラ系ファッション。周囲はドン引き。あんた、センスなかったんだね……。


●その3:ポジティブにありのままでいる女

「『彼にありのままの君が好きだよ』って言われたの!」と、のろけるC子。だからって眉毛のないシミだらけのノーメークで女子会に現われないで……。ありのままの素顔と、ずぼらなスッピンは別物だよ!


●その4:ポジティブに合コンに参加する女

合コンで、自分以外の女性がモテてひとり余ってしまったD子。「私って高嶺の花だから、気軽に声を掛けられないのね」と、前向きに自分に言い聞かせていました。ある意味前向き過ぎて、誰も声を掛けられません……。


●その5:ポジティブな勝負下着の女

「今日は彼とデートだから勝負下着なの!」と言った女性に、「今日はって、毎日じゃないの? いつ何があるか分からないのよ、いつも勝負下着でいなきゃ!」と説教しだすD子。いつ何があるかも……って、いきずりの男とセックスすることまで想定済みな前向きさはいりません!


●その6:ポジティブな心がけを忘れない女

「彼氏いない歴=年齢」な三十路半ばのE子。「モテるために、つねに恋人がいる状況を妄想して男の影を匂わす」という前向きさを心がけているそうです。しかし周囲からは「妄想の世界に生きているイタい女」と思われていますよ!


■ポジティブはいいことだけど

前向きな気持ちは、仕事や恋愛などどんな場面でも大切にしたいものですよね。

しかし、その方向性が違うと、180度間違った結果を生んでしまうから恐ろしいものです。


雑誌やTVで、「ポジティブな考えが、幸せを引き寄せる!」というフレーズをよく見かけますが、闇雲なポジティブさは考えものですね。


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ