エンタメ

B型は「ワガママ」じゃなきゃ生きられない!科学的な血液型占い

B型が嫌いなもののひとつが血液型占い。なぜか「ワガママ」「自己中」「性格が悪い」というレッテルを貼られてしまうからだ。

しかし、B型が誕生した紀元前1万年頃のルーツをさかのぼってみると、この「ワガママ」さがないと生きていけないという理由があった。

これを知ると、B型の見方がちょっと変わるかもしれない。


B型は「ワガママ」じゃなきゃ生きられない!

日本では約20%の割合を占めるとされているB型。とくに青森県と長野県に多いというデータ(※1)が出ている。


そんなB型は、全人類がO型だったとされるクロマニヨン人の時代から、さらに後の紀元前1万年頃、インドやウラル地方で誕生したと考えられている。

アフリカから分散したクロマニヨン人のうち、ヒマラヤ山岳地帯に移動したグループはもっぱら家畜の肉と乳製品を食糧にしていた。「狩猟民族」から「遊牧民族」になっていった彼らの腸内細菌は、乳製品を分解するのに適したものに変化。この体内環境の変化によってB型人間が生まれたのである。


感染免疫学を専門とし、医学博士の肩書きも持つ藤田紘一郎氏は著書のなかで「血液型のルーツが少なからず体質・性格にも影響を及ぼしている」と提唱している。


白人種と蒙古人種が移住したインドやウラル地方は、過酷な環境で人種間での混血が頻繁に起こった。それによりB型はO型の次に免疫力が強いとされる。

そのためB型の行動はO型と似ているのだが、O型よりも肺炎になりやすかったり、食中毒にかかりやすい。そのため大勢の人間のなかに入ろうとしなかったのではないか。枠にとらわれない自由奔放なB型の性格はこうしてできあがったのではないかと推察される。


過酷な環境を生きるためには、他人の目など気にしているヒマはない。色んな人種が入り混じっているならば、自我を通していかなければ生き残れない。B型のワガママさは、いわば生きる強さだったのである。


血液型占いは実は深い!

今回は科学的な側面から、血液型の性格占いを考えてみた。


「血液型で人間を4つの性格に分けるなんてムリ!」と言う意見も分かる。だが、身体の隅々まで流れている血液だからこそ、それに性格や体質が左右されてしまうこともじゅうぶんあり得るのではないだろうか。


女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ