エンタメ

女の敵は女!恋愛や仕事上で女性からの嫉妬を上手にかわす方法

 

 

AKB48の総選挙、女子大学生のミスコン、OLのポジション争いなど、女の世界は日夜シビアな戦いが繰り広げられています。嫉妬から起こるトラブルもすさまじいものです。
そこで、相手の嫉妬を上手にスルーする方法をご紹介いたします。

 

 

■女性からの嫉妬を上手にかわす方法

 

女同士の嫉妬は、ほおって置くとさらに陰湿な行動を引き起こしてしまいます。そこで、相手の逆鱗に触れることなく穏便にことを収めた女性たちの「嫉妬をかわすテクニック」をご紹介します。

 

 

●その1:とことん煽ってみる

 

「先日、婚活パーティーに行きみごとに彼氏をゲットしたのですが、一緒に参加していた女友達から『自分がうまく行ったからって、のろけ話ばかりしないでくれる!』とやっかまれて大変でした。
でも、ここで彼女に謝ったらまるで『かわいそう』と憐れんでいるようなもの。だったら逆に『だって幸せなんだも~ん』とのろけて煽り、『くそ~負けるもんか!』とヤル気につなげてもらいたかったんです。
そうすることで変なしこりができることなく、いまでは彼の友人を紹介してあげたりと、良好な友情を続けています」(31歳/派遣事務)

 

 

●その2:クールに肩透かしする

 

「いま付き合っている彼の元カノは、私の女友達。とはいえ、ふたりが別れて6年も経つのにいまだに『彼とはどうなの? 別れないの?』と、しつこく探りを入れてきます。
きっと何を言っても彼女の嫉妬心は増すばかりだと思ったので、『まあまあな感じ~』や『おかげさまで~』と、あいまいな日本語をフルに活用して煙に巻いています。肩透かしばかりなので、最近はようやく彼女も追及してこなくなりました」(33歳/カウンセラー)

 

 

●その3:ギャグで笑い飛ばす

 

「自分の企画が通って喜んでいたら、同期の女性社員に『どんな手を使ったんだか!』とイヤミを言われてしまいました。
毎日顔を合わすので嫌な空気を引きずりたくないと思い、『この前、助けたカメが知恵を授けてくれたのよ~』とギャグで笑い飛ばしてやりました。呆気にとられた相手は、これ以上話してもムダとばかりに早々とどこかへ消えてしまいました。嫉妬に狂った女はマジメに相手しても時間の無駄ですから」(28歳/メーカー)

 

 

●その4:下手に出て良い気にさせる

 

「音楽サークルに入ったばかりなのに、いきなりソロパートを任されました。嬉しい半面ドキドキしていたら、同じサークルの女性から『ソロなんて実力もまだないでしょ?』と、みんなの前で堂々と攻撃されました。
やっかみなのは分っていたので、『そうですよね! だから教えてくださいね、頼りにしています!』と、下手に出てみました。気を良くした彼女は、それ依頼優しくていねいに、教えてくれています」(27歳/会社受付)

 

 

■嫉妬女に振り回されないように!

 

たとえ強烈な嫉妬でも、こちらの対応次第ではお互いに良い関係を築くきっかけになるんですね。上手に嫉妬をかわせた彼女たちに共通するポイントは「相手にひるまずに冷静に対処する」ことのようです。

 

嫉妬女に振り回されてしまわないように、くれぐれも気をつけたいものですね。

 

 

◆実際にあったソーシャルストーカー…
ソーシャルメディアの恐怖!粘着質な元カノのストーカー行為5選

 

 

■関連コラム
祝Gow!Magazine1周年!誕生から1年の軌跡

残念な街コン参加男性の特徴

企画者が残念すぎる街コンの特徴5選

旅行中にケンカする?ケンカの原因ランキング

女以上に女性的な「セックスの乙女化」の謎

 

 

Gow!Magazine TOPへ

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ