エンタメ

高齢出産にもメリットがあった!子宮体がんリスクが44%低下

 

 

35歳以降の出産は「高齢出産」とされています。リスクが高まるので、出産するならそれまでにしたいと考えている女性は多いかもしれません。
しかし、ある研究で30代、40代で出産するメリットが発見されました。

 

 

■高齢出産は子宮体がんリスクを低下させる!

 

南カリフォルニア大学ケック医学部の予防医学、ウェンディ・セティアワン教授が行った研究によると、30代、40代で赤ちゃんを産んだひとは子宮体がんのリスクが下がるというのです。

 

セティアワン教授らの研究チームは、子宮体がん患者の女性8,671人と、病気のない女性16,562人を対象に調査。その結果、30-34歳で出産したひとは25歳までに出産したひとと比較して子宮体がんリスクが17%減少。35-39歳で出産したひとは、リスクが32%減少。そして、40歳以上で出産したひとはなんと44%もリスクが減少したそうです。

 

その理由についてセティアワン教授は「正確な理由はわかっていないが、高齢のひとにとって妊娠中のホルモンレベルが子宮体がんの予防になるのではないか」と推測します。さらに、「出産することで、がんの原因となる子宮の細胞を取り除くことができるかもしれない」と語りました。

 

 

■これからの高齢出産の研究に期待!

 

もちろん、高齢出産のリスクは無視できません。セティアワン教授はこの研究でも、高齢出産による赤ちゃんの合併症リスクや、母親の卵巣がんや乳がんのリスクが高まってしまうことにも言及しています。そんななか、ひとつのメリットが発見されたことは驚きです。

 

国立がん研究所の調査では、2012年に子宮体がんと診断されたアメリカ人女性は47,130人。そのうち8,010人は今年中に死亡するだろうということが判明しています。2010年の日本の調査によると、子宮体がんと診断されたひとは8,600人、死亡したひとは1,900人でした。

 

研究者たちは、これからなぜ高齢出産が子宮体がんのリスクが低下するのかを調査するそうです。患者数が多いがんなだけに成果が期待されます。

 

 

◆がんのリスクは極力減らしたいですね…
欧米で営業禁止も!?専門家が日焼けサロンの発がんリスクを警告

 

 

■関連コラム
女以上に女性的な「セックスの乙女化」の謎

夏バテを防ぐ!身体に疲れが溜まっているときに見る夢

睡眠障害の女性は老人ホームに入る確率が3倍高い

骨盤周りを鍛える!キレイな形のお尻エクササイズ

イギリスの研究で「がん予防に効く塩分量」が判明

 

 

Gow!Magazine TOPへ

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ