エンタメ

友達拒否したい!フェイスブックで余計なことをするウザ男5選

 

 

フェイスブック――。このとっても楽しいけれども、その分なにかと面倒なSNSにはたびたび問題児が出没します。「余計な絡み」で間違ったコミュニケーションを取ろうとするウザ男です。
思わず友達承認したことを後悔するエピソードをご紹介します。

 

 

■フェイスブックで余計なことをするウザ男

 

いろんな知り合いとつながっているフェイスブック。そんなデリケートな場所なのにウザ男が多すぎて涙が出そう……。

 

 

●その1:交際ステータスに即反応する男

 

「付き合っていた彼と別れたので、ステータスを“交際中”から“独身”に変えたところ、その瞬間に『いいね!』を押し『おめでとう!』というコメントを残してきた男性がいた。そいつが最初に『いいね!』したせいで、他のひとのウォールでも目立つようになり、結果的に何十人もの友達に『いいね!』されることに……。『いいね!』の使い方間違ってるでしょ」(28歳/IT)

 

○「いいね!」じゃねーよ! 何が「おめでとう!」だよ!

 

 

●その2:黒歴史写真を掘り起こす男

 

「最近友達になった男性が、私のかなり古い写真を遡って見ているらしい。コメント通知が来たので見てみると、5年くらい前の今よりも太っている写真に『今は痩せてキレイになったね』とコメントが。本人も忘れていたくらいの写真だから困惑。しかもコメントされたら、みんなのウォールにもその写真が晒されるからホント迷惑!」(30歳/広告)

 

○そんなコメントいらねーよ! せめてこっそり見ろよ!

 

 

●その3:どんなときにもタグ付けする男

 

「イギリスから遊びにきた留学時代の友人(外人男性)を連れて、1日東京を案内してあげた。帰宅後フェイスブックを見たら、2人で撮ったすべての写真がアップされていて、しかもばっちりタグ付けまで。外国の文化だと、タグ付けは基本中の基本なようだけれど、『まわりに彼氏だと誤解されたらどうするの!?』と殴りたくなった。実際に『彼氏外人なんだ?』と今気になっているひとからコメントされ、誤解を解くのに苦戦した」(26歳/アパレル)

 

○勝手にタグ付け禁止! まず許可を求めろよ!

 

 

●その4:ホラーとしか言えない! 監視しすぎな男

 

「合コンで出会った男(幹事)から、合コンの3日後に『A男さん(合コン参加男性のひとり)と友達になっていましたね。早速ウォールでもコメントされたり、いいね!されたりしていましたよね。彼のこと、お気に召しましたか?』とのメッセージが。A男さんとは合コン直後に友達申請が来たものの、幹事とはまだ友達になっていない状態だったというのに……。行動を監視されてるみたいで正直怖い」(27歳/デザイナー)

 

○暇なんかい! 追わないでくれ!

 

 

●その5:「友達削除していい?」と聞いてくる男

 

「飲み会で出会った男から『B子ちゃんって、常識ない子なのかな?』と連絡が。詳しく聞いてみると飲み会後にフェイスブックでB子に、『昨日はどうも』『友達承認ありがとうございました』というメッセージを2通送っても返信がなかったそう。その男は『メールの返信ができないひとは無理です。友達切っても良いでしょうか?』と聞いてくる始末。これ、私に聞くこと? こっそり切れば良くないか?」(27歳/教師)

 

○子どもかよ! 勝手にしろや!

 

 

■顔が見えるSNSでのウザ行動は命取り!

 

ああもう、怒鳴りたくなるウザ男ばかり。思わず口汚いツッコミを入れてしまいましたよ。

 

ウェブとリアルのコミュニケーションは違う? いいえ、そんなことはありません。フェイスブックという相手の顔が見えるSNSは、リアルと同等またはそれ以上である――そう意識して正解かも知れませんよ。

 

 

◆利用方法に悩んでいる人多数…
あえて空気を読まないのが正解!「フェイスブック疲れ」の打開策

 

 

■関連コラム
男子の変わったオナニー方法6選
ハッカー男子に胸きゅん!?アノニマスとは
「好きだけど、愛せない男」の特徴5選
マニアックな萌えポイント9選
良い旦那さんになりそうな同僚男子の特徴

 

 

Gow!Magazine TOPへ

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ