エンタメ

「BL」が出版業界を活性化している!腐女子チェックリスト8選

もはや定番になりつつあるBL(ボーイズ・ラブ)。小説やマンガ、アニメにゲームと実に幅広くメディア展開がなされているなかで、最近では「腐女子(BLを愛好する女性の総称)」のみならず男性でも「腐男子」と名乗って腐の世界を楽しんでいる方がいらっしゃるほどです。

しかし数年前、女優の北川景子さんが『with』(講談社)インタビューで「最近宝塚にハマっている。腐女子への第一歩を見事に踏み出しました」と語ったところ、ネット上から「腐女子を勘違いしないで」と猛反論を受けてしまいました。


そこでBL小説家の端くれである筆者が、本当の腐女子の特徴をご紹介します。


あなたは本物? 腐女子チェックリスト

今回は、BL小説家である筆者が「腐の世界」の実態にスポットを当ててみたいと思います。この特徴が当てはまれば、あなたも立派な腐女子です!


●その1:街歩く見ず知らずの男性を見て、受けか攻めかを判別

それもただ単に「受け(ぞくに言う女役)」か「攻め(ぞくに言う男役)」かだけではなく、「リーマンヘタレ受け」や「生意気誘い受け」という属性まで妄想しだしたら立派な腐女子です。


●その2:一般アニメやドラマの男性キャラクターでカップリング妄想

本ストーリーよりも、カップリング(カップルの組み合わせ)の会話に楽しみを見出してきたら完全なる腐女子です。


●その3:仕事が忙しいのに、日夜創作活動や同人誌活動に明け暮れる

いくら仕事に疲れていても、BLのためならパワーがみなぎってくる。それが腐女子です。


●その4:妄想のためならお金も惜しまない

腐女子はファッションや化粧品にかけるお金を削ってでも、コミック・書籍・アニメ・BLグッズを買い求めてしまいます……。


●その5:腐女子だということを周囲に隠している

腐女子はむやみやたらに「腐発言(BL要素を含む発言)」をしません。万人に受ける価値観ではないと自覚しているからです。なかには、OLとして生活していくための「カモフラージュの趣味」を用意している本格思考の腐女子も。


●その6:親バレ、友バレが気になる

ネットで注文しているBL本を同居している親が受け取って開けてしまわないか心配で、荷物の到着日はヒヤヒヤします。それでも、うっかり机の上に置いていたBL本が親に見つかってしまったのは、忘れられない思い出。気持ちは思春期の男子高校生です。


●その7:本屋の店員さんにびっくりされる

本格的に腐女子化が進むと、過激な表紙やタイトルにだんだん麻痺してきます。書店でBL本を購入すると、たまに男性店員さんに二度見されることも。ベテランの店員さんならまだしも、アルバイトの男性店員さんには刺激が強すぎることをお忘れなく。


●その8:BLグッズの保管場所に困っている

腐女子は彼氏には決して見せられない押入れの闇を抱えています。そこには本棚に並べるのがはばかれるBLグッズがダンボール数箱分眠っているのです。彼氏と同棲話が出たときには本気で困ります。


妄想ひとつで経済を活性化する腐女子パワー!

いかがだったでしょうか。

腐女子の方なら、こんなことは日常茶飯事かもしれませんが、「ないない」と言っているうちなら、まだ腐っていない女子ということです。


「乙女ロード」(BL商品、執事喫茶、男装、コスプレ店が立ち並ぶ池袋の一角を示す) という言葉もだんだんと普及し、BLカルチャーがメジャー化してきました。


腐の世界は妄想ひとつで無限大に広がっていきます。腐女子のみなさんの、このパワーを源にBL市場は盛り上がってきたのです。これからも、腐の世界から目が離せませんよ!


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ