母と娘

【小説】ジユウな母とオクビョウな私 #54 恋する時間(24)

  • 更新日:2020/09/28

« 前回から読む

#54 恋する時間(24)

 奥平君が撮ろうとしているのは、べつに私の写真だけではないみたいだった。

 もちろん、そうだろうとは思っていたけれど、実際そうだとわかって安心した。

 同級生カップルの仲むつまじい食事の様子を撮り、ボートハウスみたいな白いテラス席のあちらこちらを撮り、そこからのぞむ運河と、対岸の小さなビルにカメラを向ける。

「見せて」

 すっかり撮影して回った奥平君が席に戻ると、美香ちゃんがデジカメを受け取って、液晶画面で写真のデータを確認した。

 太陽も一緒にそれを眺め、だいたいの様子がわかったのか、

「いいじゃん」

 と奥平君に言った。

 彼の手元にカメラが戻るのを待って、私も見させてもらう。

 小さな液晶画面で一枚ずつ、さささ、さささ、と確かめ、あっ、と思ったり、ほお、と感心したり。やがて、すねたような自分の顔があらわれて、一気に照れくさくなり、写真を先に進めてから、はい、とカメラを返した。

「それ、どうすんの。写真」

 のんびりと太陽が訊くと、

「んー。プリントして売ろうかな。今度の夜市で」

 照れくさいのか、ちょっと口をとがらせて、奥平君がおそろしいことを言う。

「それはっ」

 ダメ、と私が言うよりも先に、

「風景のだけね」

 念のため、というふうに奥平君が付け足した。

 まあ、普通に考えれば、それはそうだろう。

 ただ、あのごちゃごちゃした地元の夜市なら、なにがあっても不思議はない。どこの誰ともわからない人が、自分の家族アルバムを売っていても驚かないし、それを買う人がいても驚かない。古着や古道具、自宅所蔵のガラクタ(に見えるお宝もあるらしい)の他に、自作のイラストや小冊子、曲なんかを売っている人も多い夜市だった。

「いいじゃん、ふたりで並んで売れば。こごみと奥ちんで。なんか、アートの好きな、意識高い系カップルに見えるし。俺ら陽気な地元民ふたりは、どっかで軽く飲んでから、いい頃に冷やかしに行くぜ~」

 しらふでも酔っているような太陽が、楽しそうに言う。



NEXT »#55 恋する時間(25)


« 小説を1話から読む

■ジユウな母とオクビョウな私|バックナンバー

第49話:恋する時間(19)


第50話:恋する時間(20)


第51話:恋する時間(21)


第52話:恋する時間(22)


第53話:恋する時間(23)



  • 藤野千夜 (小説家)

    1962年2月生まれの魚座のB型。 2000年に『夏の約束』で芥川賞受賞。 著書に『ルート225』『君のいた日々』『時穴みみか』『すしそばてんぷら』『編集ども集まれ!』など。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag