最近の編集部

最近の編集部 #36

  • 更新日:2020/08/07

編集部員の心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなくお届けする息抜き企画です。

かわしまたえこ(女子カレLOVABLE編集部)

セミを助けた2020年夏

先日、行きずりのセミを助けました。

※セミが苦手な人は閲覧注意※


最近の編集部

写真だとただのセミの抜け殻に見えるんですが、このセミ、ゆっくりですがめちゃくちゃ動いてます。東京都内で感染者数がまた増えだしていることもあり、今編集部は月1出社になっているのですが、その貴重な出社日に駅から自宅へ戻る道すがらで見つけました。

セミの抜け殻や成体のセミ、もしくはレアですが木によじ登る状態の羽化前のセミは見たことがある方も多いと思うのですが、このセミ、思いっきり道を歩いていたんです。よもやと思い、思わず激写して家族ラインに送りました(虫が苦手な方、すみません)。

踏まれないか心配だったのと、周りはコンクリートジャングルですぐ近くによじのぼれそうな木がなかったので、手持ちのカバンによじ登らせて、ちょうど良さそうな木を探して移動させました。無事に羽化して、セミ生(?)を謳歌しているといいなと思います。セミの恩返し、待ってます。


中村(女子カレLOVABLE編集部)

野菜炒めが本格中華料理になった話

こんにちは。本格的な夏が到来し、お出かけしている方がいる一方で、まだまだ自宅で過ごす時間が長いという方もいるのではないでしょうか。

個人的に自宅で過ごす上で地味に面倒なのが「食事」。毎食メニューを考えて作るとなると負担になりがちです。

そこで今回、料理の定番ともいえる「野菜炒め」が本格中華料理屋さんのような味わいになるアイテムをご紹介します!


■S&B 菜館 ねぎ油


野菜炒めを作る時、食用油やごま油などを使用するケースが多いと思いますが、ぜひ一度試してほしいのがこの「ねぎ油」!

初めて使った時、ねぎ油のコクと旨味がすさまじく、本当に中華料理屋さんで食べる野菜炒めのような味になり驚きました。私のような料理に疎い人間でも、フライパンにねぎ油を垂らした瞬間から香りの違いがはっきり分かりました。

野菜炒めだけでなく、チャーハンやスープなど中華料理全般に使えるレベルアップアイテムです。気になる方は一度試してみてください。



今週もお疲れ様でした。



▼バックナンバー

・最近の編集部 #31


・最近の編集部 #32


・最近の編集部 #33


・最近の編集部 #34


・最近の編集部 #35


  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag