母と娘

【小説】ジユウな母とオクビョウな私 #50 恋する時間(20)

  • 更新日:2020/08/20

« 前回から読む

#50 恋する時間(20)

 太陽の実家は地元のラーメン店で、煮干しだしのスープと細い縮れ麺、たっぷりのネギとさっぱりチャーシュー、大きくてジューシーな餃子が昔から人気だった。

 今はお兄さん夫婦が手伝っている。

 太陽も高校時代には厨房を手助けしていたようだったけれど、学校を出ると、手堅く公務員になった。

「店は兄貴が継ぐから」

 ということらしい。

 イケイケなようで案外慎重な運転には、そんな性格もあらわれているのかもしれない。

 それでも目指す埠頭までは、十分もかからずに着いた。

「近いじゃん、すごく」

 運転席の太陽が言う。

「うーん、でも歩くとだいぶあるね。バスかな、来るとしたら」

 これまで足を伸ばしたことのない場所に、思いがけず連れてこられたのを楽しみながら、私は窓の外をうかがった。

 勝ちどきを抜けて東京湾岸、水産会社の大きな倉庫ばかりが目立つ界隈だった。

 入り江なのか、水辺のぎりぎり、ボートハウスみたいな建物の手前で車を停め、太陽が外に出た。

 そこでスタッフらしい人の指示をあおぎ、隣の倉庫の前に車を停め直す。


 マグロ卸のマグロ丼、というのがお店にかかった看板だった。

 食券の自動販売機にコインを入れ、わいわいとメニューを選ぶ。海に面したテラス席で、ランチの丼を食べられるということだった。列を作ってはいなかったけれど、席はだいぶ埋まっている。夜はバー営業をしているようで、そちらのメニューが壁にかかったサーフボードにびっしりと記されている。

 食券を厨房のカウンターに渡し、よく外を見られる席に座った。

 テーブルは、がっしりとした木の枠組みに分厚いガラス板をのせたもの。それをはさんで、背もたれのない、白いビニール貼りの長椅子が二つある。床は甲板のような板の間で、サーフボードや船の舵輪、カジキマグロらしいフィギュアや大きな木の樽、もやい結びで張られたロープなど、あちこちに海や船を思わせるものが配置され、飾られている。

 食券の番号を呼ばれ、私と太陽がカウンターに取りに向かった。分厚いまぐろのたっぷりのった丼が、まず二つ用意されている。

「おっ! いいね!」

 太陽がにんまりと言い、私も大きくうなずいた。



NEXT »#51 恋する時間(21)


« 小説を1話から読む

■ジユウな母とオクビョウな私|バックナンバー

第45話:恋する時間(15)


第46話:恋する時間(16)


第47話:恋する時間(17)


第48話:恋する時間(18)


第49話:恋する時間(19)



  • 藤野千夜 (小説家)

    1962年2月生まれの魚座のB型。 2000年に『夏の約束』で芥川賞受賞。 著書に『ルート225』『君のいた日々』『時穴みみか』『すしそばてんぷら』『編集ども集まれ!』など。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag