母と娘

【小説】ジユウな母とオクビョウな私 #48 恋する時間(18)

  • 更新日:2020/07/02

« 前回から読む

#48 恋する時間(18)

「中もすごいんじゃないの?」

 大きな目をきらきらさせた美香ちゃんに訊かれ、

「すごいけど、じつはあんまりよく知らない。だいたい隅っこで小さくなってるから」

 私は答えた。複数の会社の人が寄り集まった寮内には、同じ会社同士なのか、すごく仲のよさそうなグループもいれば、よその社員との情報交換に熱心な人たち、寮内でイベントを開催するような社交的なメンバーもいる。

 そんな中、とにかく目立たず関わらず、静かに暮らしているのが私だった。

 部屋から出るとき、廊下に人がいると、一旦引っ込んで、しばらくじっと待ってしまうタイプ。

「だろーなー」

 太陽がうなずいた。高い鼻の脇を人差し指でぽりぽりとかく。「そんな雰囲気が、ぷんぷんしてる。びくついてる感じ」

「うるさいなー、さっきから。動きがへんとか、びくついてるとか」

 私はちょっと口をとがらせた。太陽をじとっとにらむ。「ここで一人の生活を楽しんでるの。ほっといてよ」

「こっわ」

 太陽は言い、それから笑った。嫌味のない、さわやかな笑顔だった。「そんな怒んなよ。なんかこっちでこごみがなじめなくて、空回りして、挙動がおかしくなってんじゃないかって心配してたんだよ。でも安心した。俺をにらんでるこごみ、昔のまんま。なっ」

 太陽に同意を求められ、美香ちゃんも奥平君もうなずいた。

 そんな。私はずっとオクビョウなつもりだったのに、周囲からはヒステリックに見えていたのだろうか。

 ただ太陽が昔と変わらず、面倒見のいいタイプなのは、ここ最近のやり取りでわかっていた。少なくとも、月島までわざわざからかいに来たわけではないのだろう。

「ごめん」

 私は謝った。近頃のイライラが、少し噴き出しかけたのかもしれない。「寮の中、見る? ゲストが入れるところ、決まってるけど」

「おっ、それもいいんだけど」

 太陽がひらりと身をかわすように言った。「それより、まぐろ丼のすげえうまいところがあるんだろ。ランチがなくならないうちに食いに行こうよ。こっからすぐの埠頭にあるって。知ってる?」

「知らない……」」

 私が言うと太陽は、

「よし、みんな早く車に乗って」

 と号令をかけた。



NEXT »#49 恋する時間(19)


« 小説を1話から読む

■ジユウな母とオクビョウな私|バックナンバー

第43話:恋する時間(13)


第44話:恋する時間(14)


第45話:恋する時間(15)


第46話:恋する時間(16)


第47話:恋する時間(17)



  • 藤野千夜 (小説家)

    1962年2月生まれの魚座のB型。 2000年に『夏の約束』で芥川賞受賞。 著書に『ルート225』『君のいた日々』『時穴みみか』『すしそばてんぷら』『編集ども集まれ!』など。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag