最近の編集部

最近の編集部 #31

  • 更新日:2020/05/29

編集部員の心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなくお届けする息抜き企画です。

かわしまたえこ(女子カレLOVABLE編集部)

ディズニーの隠れた名作をご紹介


6/11からディズニー+が日本でも配信開始になりますね! 4ヶ月ほどパークに行けていないのでそろそろ禁断症状が出てもおかしくない私のテンションを一気にぶち上げてくれた素敵なニュースでした。

既存のディズニーデラックスも良かったのですが、今後はさらに+オリジナルの作品が楽しめるということで今から非常にワクワクしています。

ということで今回はディズニーのお話、それも隠れた名作をご紹介したいと思います。


『プリンセスと魔法のキス』


興行収入が日本ではあまり振るわなかったというだけあり、観たことがないという方も多いのではないでしょうか? 元ネタはグリム童話の『かえるの王さま』なのですが、カエルになった王子の呪いを解こうとした主人公もカエルになってしまうのが原作とは違うポイント。基本的に私はディズニーのヴィランズが大好きなのですが、本作に登場するヴィランであるドクター・ファシリエも味があって良いんですよね。最近は女性の活躍を軸に作られることの多いディズニー作品ですが、本作はそういった流れをくみながらも、最後は旧来のプリンセスのように王子様のキスに落ち着くという構造が逆に新鮮味があっておもしろいです。その他、ワニのルイスやホタルのレイなど底抜けに明るくて楽しいキャラも大好きです。自粛明けの今、エンジンをかけるのがしんどいという方は本作を観て元気をもらってください。


中村(女子カレLOVABLE編集部)

Twitterトレンドで感じるジェネレーションギャップ

先日Twitterのトレンドに『下弦』というキーワードが入っていました。オチとしては「今日は下弦の月が見える!キレイ!」という内容だったのですが、そのキーワードを見たTwitter住人は【鬼滅の刃かと思った派】と【映画化したよね、懐かしい~派】に分かれていました。

私はと言いますと、矢沢あい先生の「下弦の月」が秒速で思い浮かんだアラサーです。細かく言うと、原作マンガよりも映画化したコンテンツ「弦の月 ラスト・クォーター」が大好きで、昔何度もDVDを見直したものです。

まず注目してほしいのが豪華なキャスト陣!栗山千明さん、成宮寛貴さん、陣内孝則さん、HYDEさんなど超豪華。特にHYDEさんは滅多に俳優活動をされないので、俳優・HYDEを見られる貴重な映画です。


『19年に1度起こる“下弦の月”の奇跡』がストーリーのベースになっているのですが、ラブロマンスでもありミステリアスでもありファンタジーでもある内容で、正直、好き嫌いは分かれそうな作品ではあります。私は、全編を通して世界観が美しくて儚く、19年前と現在との記憶が混ざる瞬間がたまらなく好きですね。

登場キャラクターが全員美男美女なので、その美しい世界観とかみ合っており、「美しい映画」が観たい人にはピッタリの作品だと思います。



今週もお疲れ様でした。



▼バックナンバー

・最近の編集部 #26


・最近の編集部 #27


・最近の編集部 #28


・最近の編集部 #29


・最近の編集部 #30


  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag