プレスリリースオンライン〇〇

今急増中の「オンライン〇〇」経験者の実際の評価は?

  • 更新日:2020/05/16

 不要不急の外出を自粛するよう呼びかけられている今、増えているのがWEBを通しての関わり。友人や職場の人とビデオチャットを利用した飲み会など、いわゆる「オンライン〇〇」が話題となっています。そこで今回は、株式会社エアトリが実施した調査から、様々なオンライン〇〇についての世間の興味や実際に行った感想をご紹介します。


外出自粛で、会いたいのになかなか会えなくなった人はいる?

 まず、外出自粛が促されるようになってから、会いたくても会えなくなった人はいるのか、質問した結果がこちら。


プレスリリースオンライン〇〇

 約4人に3人となる72.4%もの人が、外出自粛となってから会いたいのになかなか会えなくなった人が「いる」と回答。多くの人が自分の欲を抑えて外出自粛に努めていることがうかがえる結果となりました。


行きたいのに行けていない場所はある?

 会いたい人について質問した次は、行きたい「場所」について。行きたいのに行けていない場所があるという人はどのくらいいるのでしょうか?


プレスリリースオンライン〇〇

 9割近くが「ある」と回答しており、会いたいのに会えない人がいると答えた割合(72.4%)を更に上回りました。

 具体的な場所を聞いたところ、「海外」や「コンサート」など、中止や禁止によって行くことができない場所が挙がった他、「実家」「ゴルフ」「趣味の集まり」など行こうと思えば行くことができる場所も多く挙がり、それぞれが自らの判断で外出を自粛していることがうかがえます。


「オンライン〇〇」についての経験の有無は?

 外出が制限される中、あらゆる「オンライン〇〇」が登場しましたが、それぞれの「オンライン〇〇」の経験の有無について聞いたところ、新型コロナの感染が拡大して外出自粛が促されるようになってから経験した人の割合が最も多いものは……?


プレスリリースオンライン〇〇

 1位は「オンライン会議」(7.8%)、続いて「オンライン授業・レッスン」(4.6%)、「オンライン飲み会」(4.1%)となりました。

 コロナ発生前から経験していたという人が多い「オンライン会議」であっても、その割合は34.7%と3人に1人程度。今話題の「オンライン飲み会」も経験者は5.5%に留まりました。その一方で「経験したことはないが興味はある」と答えた割合が「オンライン診察」では64.0%、「オンライン授業・レッスン」では45.6%を占め、経験するまでには至っていないものの、さまざまなオンライン〇〇に興味を抱いている人も多くいるようです。


(実際に体験したことがある人)「オンライン〇〇」に実際に経験してみていかがでしたか?

 では、実際に「オンライン〇〇」を経験したという人はどのような感想を抱いたのでしょうか?


プレスリリースオンライン〇〇

「とても良い」「どちらかと言えば良い」と答えた割合が最も高かったのは「オンライン食事会」(80.0%)、続いて「オンライン花見」(71.4%)、「オンライン旅行」(70.6%)、「オンライン飲み会」(70.4%)となりました。反対に最も割合が低かったのは「オンラインお見合い・婚活」(22.2%)となりました。


「オンライン〇〇」の良かった点

・人と話をする機会がすっかり減ってしまったので、レッスンを通じてたわいもない話をして笑えた事。(オンライン授業・レッスン)

・無駄が無い。必然的に雑談などが減り、要点のみになる。(オンライン会議)

・面と向かってでないのでかなり意見が言いやすい。(オンライン会議)

・嫌な人の顔を見なくて済む。(オンライン会議)

・一緒に酒飲んでいる気分になれる。一人で飲むより酒がうまい。(オンライン飲み会)

・お店の閉店時間を気にせず飲める。しんどくなれば横になれる。(オンライン飲み会)

・オンライン飲み会を15人でやった。自宅なので自由だし、普段なかなか集まらない海外にいるメンバーも参加できてよかった。また、少し話タイムラグはあったものの、そんなハプニングも笑いのネタになり、またやりたいと思いました。(オンライン飲み会)

・ドローン空撮だったので初めて見る風景でよかった。(オンライン花見)

・待合室で待ったりせず即座に簡単に出来るから最高。人との接触が無く良い。(オンライン診察)


「オンライン〇〇」の悪かった点

・対面でないと伝わらない「温度」みたいなものが確かにある事が実感できた。喋る側として、相手の反応が分からないのは話しづらい。(オンライン会議)

・意見交換が不活発になった。(オンライン会議)

・言葉で伝える事が主になるので、語彙力やポイントを絞って相手に分かりやすく伝える事の難しさを感じた。(オンライン会議)

・終わりがなくてだらだら朝まで続いてしまう。(オンライン飲み会)

・タイムラグがあるので、会話がかみ合わないことがある。(オンライン飲み会)

・電波の状況で途切れ途切れになったりするとストレス。(オンライン飲み会)

・受講生が多いため、質問に対してすぐ回答が得られない。(オンライン授業・レッスン)

・レッスン等はよほど気合を入れないと始められない。その場所へ行くと切り替えができるから。(オンライン授業・レッスン)

・やはり顔を見て話さないと、言いたいことを遠慮してしまう。違う薬を出してもらえなかった。(オンライン診察)


「オンライン〇〇」に関する意見やアドバイス

・オンライン飲みやお茶会の場合は、時間を決めた方がいいと思う。家にいるので時間は無限大だし、だらだらやると疲れちゃう時もあるので、2時間だけやろうと言えばスパッと切れるから。(30代・女性)

・わくわくできるようにうちだからこそできるオンラインコスプレとかやってみたいです。(50代・女性)

・オンラインホラー映画鑑賞!1人で家でホラー映画を観るのは怖いが、画面を共有しながら友達と観るとホラー映画さえ楽しい娯楽になります。(30代・女性)

・オンライン動物園や水族館をたくさん見たい。(30代・女性)



 新型コロナの感染拡大を完全に食い止めるにはまだまだ時間がかかりそうですが、これから自宅で楽しむためのオンライン〇〇はもっと増えていきそうですね。筆者も友人たちとオンライン飲み会なるものをしたことがあるのですが、たしかにタイムラグなどで会話が噛み合わない瞬間はあるんですよね。それでもかなり息抜きになったので、またやりたいとは思っています。皆さんも興味のあるオンライン〇〇に挑戦してみては?



【参考】

株式会社エアトリ

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag