母と娘

【小説】ジユウな母とオクビョウな私 #45 恋する時間(15)

  • 更新日:2020/05/21

« 前回から読む

#45 恋する時間(15)

 観光地のような顔出しパネルは、やっぱり飲食店の宣伝のものだった。

 どこか学校の文化祭を思わせる四角い立て看板に、ベリーダンサーのように身を反らせた、黒髪の薄着の女性が描かれている。

 その顔と、手に捧げ持つアンティークなカップの部分が、丸くくりぬかれて顔を出せるようになっていた。

 私が遅れてその場に到着すると、ちょうど母がダンサーに、恋人のサトシさんがカップの中身になっている。それをわらびとくにちゃんが、楽しそうにスマホで撮影していた。

 なんて平和な光景だろう。

 自宅マンションの前で。

 よく意味がわからないけれども。

「はい、次、お姉さんも顔出して~」

 スマホを構えたくにちゃんにうながされて、

「いいって、私、ひとりだし」

 一応、地味に断ってから、押し切られて母と交代に私も顔を出した。なぜか母の恋人と一緒に、顔出しパネルで記念撮影。

 絶対に嫌、と強く言い張るほど自分を貫くわけでもなかったし、最初からノリよく盛り上がれるわけでもない。その中途半端さが、きっと余計に人を遠ざけているのだろう。

 昔から私には、そうやって人と壁を作ってしまうところがあった。子どものころからずっと。

 でも自分でわかっていても、なかなか変えられないのが性格というものだ。

「あ、こごみちゃん、そのまま」

 サトシさんが退いたあとの穴から、調子のよい母が顔を出している。見えないけれど、きっとニコニコと。満面の笑みで。

 こちらの不満になんか一切気がつかないように。

「お姉さん、顔こわいよ。鬼瓦の顔になってる」

 くにちゃんに言われてハッとした。私は内心のどろどろが、すぐ顔に出てしまうタイプなのだ。

 やばっ、と表情をゆるめたところを、弟カップルとサトシさんが撮っている。

 これでやっと終わり、とパネルから顔を抜こうとすると、

「待って! 俺も入っちゃお」

 カップの穴のほうに、さっとわらびが向かって来た。しょうがない、と待って、弟と顔出しパネルで記念撮影。

 穴の場所を交代して、もう一ポーズ。

 きょうだいでそんなパネルから顔を出していると、まるきり子どもの頃の観光地の気分になった。


(つづく)



NEXT »#46 恋する時間(16)


« 小説を1話から読む

■ジユウな母とオクビョウな私|バックナンバー

第40話:恋する時間(10)


第41話:恋する時間(11)


第42話:恋する時間(12)


第43話:恋する時間(13)


第44話:恋する時間(14)



  • 藤野千夜 (小説家)

    1962年2月生まれの魚座のB型。 2000年に『夏の約束』で芥川賞受賞。 著書に『ルート225』『君のいた日々』『時穴みみか』『すしそばてんぷら』『編集ども集まれ!』など。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag