ハイスクール・ラブコメ

Netflixで観る「ハイスクール・ラブコメ5選」

  • 更新日:2020/04/29

 新作ドラマの制作が次々とストップし放映延期となったテレビ界。そこで各局は代替番組としてかつてのヒット・ドラマの再放送、ダイジェスト等でこの場を凌いでいます。それらの番組の中でも、無敵ピンクで注目された横浜流星さんがブレイクする切っ掛けとなった『初めて恋をした日に読む話』、ドSキャラがハマり役で女性の心を掴んで 日本中の女性を虜にした佐藤健さんの好演が記憶にも新しい『恋はつづくよどこまでも』。これらの共通項としては人気コミックのドラマ化という点があります。そこで今回は「女子カレLOVABLE」編集部お薦め人気“胸キュン”コミックを映画化したハイスクール・ラブコメ5選をご紹介します。


『センセイ君主』(2018年)

 告白7連敗を記録するあゆはが、好きになってしまった新任の数学教師・弘光を落すために多くの猛アタックを繰り広げるが……。顔芸(変顔)とオーバー過ぎるアクションの振り切り具合がハンパではなく、ちょっとおバカっぽく見える浜辺美波さん扮するあゆは。一方、イケメンでどこまでもクール(というか、ひねくれ?)な竹内涼真さん扮する弘光。全く異なる二人のキャラがぶつかり合って生じる“間”、そのタイミングから生まれる絶妙な笑いが◎。新川優愛さん扮するあゆはのライバルで美人教師・秋香の“大人の女”っぷり、川栄李奈さん扮するあゆはの親友・葵との微妙な距離間の友情も見どころです。


『ヒロイン失格』(2015年)

 幼馴染みの利太(山崎賢人さん)に片想いを寄せるはとり(桐谷美玲さん)。ある日、学園一のモテ男・弘光(坂口健太郎さん)がはとりの前に現れ告白。一方、利太は六角精児似の女の子・未帆(我妻三輪子さん)と付き合いだして……。はとり役の桐谷美玲さんが魅せる顔芸プラス特殊メイク! どんなメイクなのかは、実際に確かめて欲しいです。たぶん、おそらく誰もがビックリするでしょう。それが結構似合っている……というか可愛い! はとりの親友・中島を演じている福田彩乃さんの演技力の高さに感心、制服姿にも何の違和感もありません。西野カナさんが歌う主題歌『トリセツ』がとても映画にマッチしていて耳に残ります。六角精児さんが本人役で特別出演していますが、ここも見どころのひとつ……と言っていいでしょうか(笑)。


『高校デビュー』(2011年)

 中学時代はソフトボール部一筋だった晴菜。高校生になって心機一転、恋愛を楽しもうと決心。そこで晴菜は学校№.1のモテ男・ヨウからモテる方法をレクチャーしてもらうが……。晴菜に扮した大野いとさんにとっても本作が女優としての“デビュー作”で、どこか素人臭さが残るものの全力投球で晴菜の天然ぶり、空回りしてしまう不器用さを体現しているのには好感が持てます。ヨウを演じた溝端淳平さんもクールでツンデレな雰囲気を醸し出すのに体重を6キロ落として役作りに挑んだとか。新人時代の菅田将暉さんがヨウの親友・史也役で、“依來沙”名義時代の池田エライザさんが晴菜の中学ソフトボール部の後輩・竹本役(池田さんにとっても本作が“映画デビュー作”!)で出演しているのも見逃せません。脚本を担当しているのが実写版映画『銀魂』シリーズの監督やドラマ『今日から俺は‼』の演出を務めている福田雄一さんなのでお笑いシーンは保証付き!


『オオカミ少女と黒王子』(2016年)

 恋愛経験ゼロで見栄っ張り、友達には架空の恋愛話を語る“オオカミ少女”ことエリカが、街で盗撮したイケメンを自分の彼氏だと言ってしまうが、その彼は学校一のイケメン・恭也だったが、実は恭也は超ドSの“黒王子”! 恭也が出した”絶対服従“という条件でエリカと偽装カップルとなってしまうが……。実力派女優の二階堂さんがコメディアンヌぶりを遺憾なく発揮、その一挙手一投足が可愛らしく見える。山崎さんのドSなキャラもそのルックスと相まってか妙にしっくり、納得がいく!? 横浜流星、吉沢亮といったイケメ俳優陣優の共演も目の保養になって、この時期にもってこいの一本です。


『ピーチガール』(2017年)

 ギャルっぽい外見で周囲から誤解を招きやすいもも(山本美月さん)が一途に想いを抱いたのは硬派でシャイで野球一筋なとーじ(新田真剣佑さん)。ももの欲しがるものを手に入れずにはいられない沙絵(永野芽郁さん)がももからとーじを横取りすべく様々な罠を仕掛けてくる。ピンチに陥ったももを救ったのは学園一のモテ男・カイリ(伊野尾慧さん)。そのことが切っ掛けでカイリはももに興味を抱くようになる。全く異なるタイプの男のあいだで揺れ動くももが選ぶのは?「5分に1度、恋の事件が巻き起こる」と予告編のキャッチにあるくらいのスピーディーな展開で飽きさせない。沙絵を演じた永野さんのお芝居も“怪演”というより、ここまで振り切って小悪魔に徹しているという意味では“快演”といっても良いかもしれないです。


──と、今回選ばさせてもらった作品は全てNetflixでの視聴が可能です。映画を観て原作に興味を抱いた方はコミックも読んでみてはいかがでしょうか? きっと、新たな発見が見つかって、もう一度見たくなる……かもしれません。


<writing:鈴木一俊>


▼#STAYHOMEにおすすめのコンテンツ一覧はコチラ

・夢中になれる!Huluでいっき見出来るおすすめサスペンスドラマ5選


・編集長推薦!Huluでいっき見したいおすすめドラマ各種5つ


・巣ごもり期間にアニメを!Huluで観られるおすすめ作品


・今のうちに復習しておきたい、シチュエーション別【激推し】コナン映画


  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag