自宅でHulu

夢中になれる!Huluでいっき見出来るおすすめサスペンスドラマ5選

  • 更新日:2020/04/18

 不要不急の外出禁止で自宅にいるも、時間の使い方で悩んでいられる方も多いはず。そこで、この機に“ドラマの一気見”はいかがでしょうか。今回は編集部がお薦めするサスペンスドラマ5選をご紹介いたします!


あなたの番です

 マンション「キウンクエ蔵前」に引っ越してきた年の差新婚夫婦・手塚菜奈(原田知世さん)と翔太(田中圭さん)が、住民会で行われた「交換殺人ゲーム」に巻き込まれる……。全20話から成り、前半では毎回誰かが殺される展開。回を追うごとに謎が現れ、登場人物誰もが怪しく見えてきて、途中でやめることが出来なくなるほどにハマることは間違いない。特に中盤、第10話ラストの衝撃度は近年数あるサスペンスドラマ中では断トツといっても過言ではないでしょう。マンションの各住人にスポットを当てたスピンオフドラマ『扉の向こう』も合わせてみるとより深い謎解きが楽しめます。


3年A組‐今から皆さんは、人質です‐

 卒業式を10日後に控えた魁皇高校。3年A組の担任教師・柊一颯(菅田将暉さん)がクラス29人の生徒を人質に取り教室に立てこもる。柊の目的は? 生徒たちの運命は? 昨年1月に放映され「第56回ギャラクシー賞」をはじめ、多くの賞を受賞した異色(サスペンス)学園ドラマ。徐々に明らかになっていく柊の目的はもちろん、柊のポイント、ポイントで語られる“熱い言葉”が見る者の心に刺さる。昨年10月に放映された賀来賢人さん主演のドラマ『ニッポンノワール‐刑事Yの反乱‐』は本作の半年後の設定でA組の生徒たちや一部の刑事、ハングレ集団ベルムズも登場する後日談ともいえる作品。こちらも合わせて見ることをお勧めします。


SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~

 警視庁公安部が設立した未詳事件特別対策係(通称“ミショウ”)のIQ201を持つ変人・当麻紗綾(戸田恵梨香さん)と警視庁特殊部隊(SIT)出身の瀬文焚流(加瀬亮さん)の二人が特殊能力(SPEC)を持つ超人(?)と死闘を繰り広げる! “何でもあり”に裏打ちされたハードな展開、その一方での、監督・スタッフらの自虐を含む小ネタも満載で、作り手の好き勝手に遊んでいる感が見ていて楽しい。中谷美紀主演のドラマ『ケイゾク』の続編ともいえる世界観で、スペシャルドラマ版『~翔~』、『~零~』、人の心を読むSPECを持ったサトリ(真野恵里菜さん)を主人公にしたスピンオフ『黎明篇「サトリの恋」』、更には新シリーズ『SICK’S~内閣情報調査室特務事項専従係事件簿~』へと広がっていく。


ミス・シャーロック/Miss Sherlock

 昨秋、ディーン・フジオカさん&岩田剛典さん出演の月9ドラマ『シャーロック』が話題を集めたが、こちらはその女性版。シャーロックに扮するのは竹内結子さん。そのバディであるワトソンこと橘和都には貫地谷しほりさん。この二人が怪事件に挑むサスペンスミステリー。竹内さん扮するシャーロックのマイペースな変人ぶりはディーンさんが扮したシャーロックのそれとはいい勝負。注目すべきは和都のキャラクター。海外で医師として働くものの、そこで体験したことがトラウマとなり、そのことが物語全体に大きなキーとなり影響を及ぼす。また、和都の“恋”も描かれているのが他のシャーロックものとの大きな違いであり、本作の魅力でもある。和洋折衷で彩られたシャーロックの住処のセット、中村倫也、滝藤賢一、小澤征悦、斉藤由貴、伊藤蘭といった豪華な個性的共演陣からも目が離せない。


石の繭 殺人分析班

 警視庁捜査一課十一係の新人刑事・如月塔子(木村文乃さん)と死体をモルタル漬けにし“石の繭”に見立てる犯行を繰り返す猟奇殺人犯”トレミー”との戦いを描くクライム・サスペンス。全体に散りばめられた伏線と謎、意外な犯人……といったミステリーの王道的な展開に加え、塔子が刑事だった父(仲村トオルさん)の意志を引き継ぎ、一人の刑事として成長していく姿も描かれる。麻見和史原作の人気小説『警視庁捜査一課十一係』シリーズのドラマ化。ドラマシリーズ第2弾(原作では第3作目)となる『水晶の鼓動』は原作とはラストの展開が異なり、塔子が最大のピンチに陥る。


自粛生活中はメンタルのケアも忘れずに!

メンタルケア

 今回、取り上げた作品はどれもHuluで最後まで視聴が可能な作品です。

第一話を見たら、続きが気になってしまい、気付いたら時間が経つのも忘れ最後まで一気に見てしまうこと間違いなし!(……たぶん)。

思い切り外に出かけて遊ぶという事が叶わない今、感染にも注意を払うと共にメンタルケアも必要です。自宅で楽しむ方法をみつけていきたいですね。


Huluの登録はコチラから!

Hulu

<writing:鈴木一俊>


  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag