SUITS/スーツ2 中村アンさんインタビュー

中村アン『ドッキリかと思った』月9ドラマ『SUITS/スーツ2』インタビュー【前編】

  • 更新日:2020/04/09

 一昨年放映され、『東京ラブストーリー』以来、27年振りに織田裕二さんと鈴木保奈美さんの共演が話題となった月9ドラマ『SUITS/スーツ』が帰ってくる。アメリカで放映された人気ドラマ『SUITS』を原作にしていますが、その続編となる『SUITS/スーツ2』はシーズン1に引き続き「幸村・上杉法律事務所」の代表・幸村(鈴木さん)の下、エリート弁護士・甲斐(織田さん)と天才ニセ弁護士・鈴木(中島裕翔さん)の活躍を描くリーガルドラマです。今回は甲斐の秘書・玉井伽耶子役の中村アンさんが登場。【前編】ではシーズン2への意気込みを中心に伺いました。

インするまではドッキリかと

SUITS/スーツ2 中村アンさんインタビュー

──シーズン1に引き続き玉井を演じられますね。

中村アン(以下、中村): 私、続編ものは初めてで、これまでも他の作品で「続編をやりましょう」という話はありましたが、実現したことが無かったんです。それもあって、実際にインするまではずっと嘘なんじゃないかなって思っていました(笑)。


──ドッキリじゃなくて良かったですね(笑)

中村: そうですね。シーズン1ではみなさんとの距離も近づけたところで終わってしまったので、本当なんだってわかった時はすごく嬉しかったです。もちろん、前回よりもより良いものにしたいって気持ちで臨んでいますが、前の方が良かった……なんて言われたら、どうしようっていう不安やプレッシャーはあります。


オリジナルを意識しつつ自分の良さも出せたら

SUITS/スーツ2 中村アンさんインタビュー

──さて、中村さんが演じている玉井伽耶子はどんな女性ですか。

中村: 玉井さんはあまり言葉を交わさなくても、その相手が考えたり求めたりしていることを汲み取れることが出来る優秀な女性です。ただ、弁護士ではないので、その分、ファーム(事務所)の雑務を完璧にこなし、ちょっとお世話好きなところがありますよね。


──ドラマの公式HPでは、御自身のパブリックイメージに近いとお話しされていましたよね?

中村: そうなんです。演じる時は、衣装や髪型で私の中のスイッチを切り替えているんです。でも、この役は“中村アン”として世に出た時の、髪をかき上げて、割りと色のある服やピタッとフィットしている服を着る少し派手めな女性なのでスイッチが変わらないというか。このイメージはオリジナル版SUITSのドナ・ポールセン(サラ・ラファティー)さんを意識しているんですけど、私自身とも似ているんですよね。


──ということは、役作りという部分ではそんなに意識されていないんでしょうか

中村: そうですね。見た目としてはそんなに意識はしていないですが、やっぱり“中村アン”ではないので、役に入れるように意識しつつ、含み笑いとか、年齢不詳という設定なので、“何者なんだろう?”みたいな雰囲気が出るように意識しています。


──この役、どこかミステリアスな雰囲気がありますもんね。

中村: そうなんですよね。あと、オリジナルが海外ドラマなので、笑顔とかはちょっと大げさに演じているところはあります。ドナさんは歩き方にとても特徴があるのですが、そんなところも含めて彼女に寄せたいと思いつつ、自分の良さも出せたらいいなっていうのはありますね。


ファームの人たちといると安心できます

SUITS/スーツ2 中村アンさんインタビュー

──前作から約一年半振りで、メイン・キャストはシーズン1とほぼ変わらずですが、再会していかがでしたか。

中村: 純粋に嬉しかったですね。本当の撮影に入る2日前ぐらいから、キッチりとメイクして「コレ本番じゃない」ってくらいな感じでリハーサルして、準備万端で本番に取り組めたので、みんなすごく前から始まっている気分です。実際に現場でもお芝居やセリフでしっくりこないことがあったら、その場で色々と意見を出し合って演っているので、より自然な感情で一緒にやれていますね。織田さんとは二人だけの撮影の日があって、オリジナルのシーズン2を見ながらお昼を食べたこともありましたよ(笑)。


──まさに「SUITS/スーツ」漬けですね(笑)。

中村: そう。番宣もみんなで出るので、本当にここで働いているんじゃないかって気持ちになれます(笑)。だから、ファームの人たちといると安心できるんですよね。


──前回のときはそういうコミュニケーションはなかったんですか。

中村: やっぱり相手が織田さんなので緊張もしていましたし、「ここで言ってもいいのかな」っていう遠慮みたいな気持ちがありました。でも前回、シーズン1で御一緒させてもらったので、今回はちょっとはフランクな感じにはなれたかなとは思います。同じファームで甲斐のライバル弁護士・蟹江役の小手伸也さんともセリフを嚙んだらジュース一本おごってねとか(笑)。学校みたい……って言ったら変ですけど、お互いがちゃんと遠慮せずに突っ込んだりできる現場なので、ガッチガッチに緊張した空気が張り詰めて静まり返ったという空気は無いですね、全然。

──撮影現場自体が「SUITS/スーツ」の世界観そのまんまって感じなんですね。【後編】では撮影エピソードを中心に聞かせていただきます。


>>後編は4月10日20:00公開!『中村アンが実践する体調管理と美容法を語る 月9ドラマ『SUITS/スーツ2』インタビュー【後編】』へ続く

プロフィール

中村アン(なかむら・あん)

1987年9月17日、東京都生まれ。T161㎝。AB型。高校、大学生時代にチアリーディング部に所属し全国大会にも出場。女優として『5→9~私に恋したお坊さん~』、『ラブリラン』、『集団左遷‼』、『グランメゾン東京』などのドラマに出演。


月9ドラマ『SUITS/スーツ2』は4月13日よりスタート。毎週月曜、夜9時。初回30分拡大放送


©フジテレビ



<writing:鈴木一俊/photo : 川しまゆうこ>

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag