最近の編集部

最近の編集部 #27

  • 更新日:2020/04/04

編集部員の心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなくお届けする息抜き企画です。

かわしまたえこ(女子カレLOVABLE編集部)

「エテュセの新作コスメを買いました」

先日、自分で記事を書いていて気になったアイテムをプライベートでも購入しました。


今週の編集部

新しくなったエテュセのリップとマスカラです。自宅勤務だとメイクをしなくなるので、口元だけでも色鮮やかにするとテンションが上がるかなと思って、めずらしくオレンジ色をチョイス。アイメイクは普段マツエク派なのですが、今は人前に出ることもないので、まつ育期間にあててたまにメイクする時はマスカラをするようにしています。ラベンダーブラックという色が、真っ黒すぎず絶妙な色味でおしゃれなんですよね。自宅勤務でもメイクをすることって元気を出す上では大事なのかもと思う今日この頃でした。


中村(女子カレLOVABLE編集部)

いつか歌えると信じながら聞く春ソング

外出自粛が叫ばれる中、みなさま如何お過ごしでしょうか。テレビ、ゲーム、映像、読書…などで過ごすのが主流でしょうか。

私はと言いますと、カラオケに行きたくて仕方ないけど行けないので、いつかカラオケ行けた時に備えて色んな歌を聞いて覚える…という作業を地道に行っております。

さて、ところで皆さんはカラオケに行った時のマイルールってありますか?

私の場合、特定の友人の時のみではありますが、『最初の曲はなるべく季節感重視』というルールがあります。今は春真っ盛り!本当ならカラオケで春ソングをゴリゴリに歌いたいですが、いつか…いつか歌える日が来ると願いながら聞いている春ソングをご紹介します。


◆春の歌/スピッツ

春ソングで一番好きかもしれない、この歌。とにかく爽やか!!メロディーもかなり軽快なので、もし自分が春にドライブデートするならこの曲をかけたいなーと妄想したりしています。


◆桜色舞うころ/中島美嘉

美しい春ソングといえばこれ。カラオケに行くとよく歌うのですが、PVが切なすぎて「歌いながらPV見て泣きそうになるヤバめの女」になりがちなので、強靭なメンタルの時のみ歌うように心掛けています。


◆Rain/秦 基博

Rainというタイトルからも想像できますが、春というよりちょっと梅雨ソングに近いこの曲。

新海誠監督の短編アニメーション作品『言の葉の庭』(ことのはのにわ)のイメージ・ソング&エンディングで有名ですよね。雨の日に聞くのはもちろん良しですが、仕事帰りなどのちょっと疲れたタイミングで聞くととても癒されて心が和む1曲です。


◆旅立ち/GReeeeN

数ある卒業ソング&上京ソングの中で好きなのがこの曲。高校生の男女のストーリーが歌詞の主軸となっていますが、PVではそれに加えて様々な人の「旅立ち」が描かれており、特に地方出身で今まさに都会で頑張っている人には刺さりまくる映像になっています。ぜひPVを流しながら歌ってほしい1曲です!


1日でも早くコロナウイルス感染を収束させるためにも、1人1人がきちんと意識を持った行動を心掛けましょう!



今週もお疲れ様でした。



▼バックナンバー

・最近の編集部 #22


・最近の編集部 #23


・最近の編集部 #24


・最近の編集部 #25


・最近の編集部 #26


  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag