母と娘

【小説】ジユウな母とオクビョウな私 #43 恋する時間(13)

  • 更新日:2020/05/03

« 前回から読む

#43 恋する時間(13)

「手すりに鳩がいるでしょ」

 少し声を大きくして、母が言った。

 言われるまま、サッシ戸のところから見ると、確かに向かいのビルのベランダに、丸っこい、大きな鳩がいる。

「あれが、お母さん鳩」

 母が私の耳に語りかけた。

 鳩は手すりの上に、こちら向きに止まっている。

「業者に巣を片づけてもらってから、毎日あそこにきて、じーっとこっち見てるの」

「……」

「ヒナの行方を捜してるんだと思う。どう? 残酷でしょ。どう思う?」

 なぜか鳩に感情移入している様子の母に問い詰められ、私は、ひっ、と息をのんだ。

 たたみかけるような母の言葉と息づかいに、暗示をかけられたのかもしれない。そんなによく見えるはずもない距離だったのに、確かに通りを挟んだ向こうのビルから、小さな鳩の目が、じっとこちらを睨んでいるように見えた。

 そんな。

 私はただ、巣をそのままにしたらフン害なんかでご近所の迷惑になると、母に公共のマナーを伝えただけだったのに。

 だらしない母がなにもしないから、かわりにマンションの管理会社に連絡して、駆除業者の番号をきき、そこに依頼の電話をかけてしまったけれど……。

 でも、そのあとのやり取りは母に任せたはずだ!

「こごみちゃん、ひどい」

 ぽそりと母が言い、私は本当にこの人が嫌だったと思い出した。どんなに軽く見積もっても同罪なのに、なんで母は親鳩サイドに立って、私を非難しているのだろう。

「ん、あの鳩がなんだって?」

 私と母の頭越しに向こうを見ていたわらびが、のんびりと訊いた。

「え、ああ。お母さん鳩がね、こっち見てるの。巣がなくなってから」

 一歩ひいた母のテンションが、明らかに私に対するものと違っていてイラッとした。

「へえ」

 わらびは私と母を押しのけてベランダに出ると、クリーム色の、バカでかいクロックスを引きずるように手すりまで歩き、

「おーい、鳩、もうここに巣はないぞー、ごめんなー、片づけちゃった!」

 よく響く大きな声で言った。丸く太った鳩が驚いたように、バサッと飛び立って行く。わらびはその方角に、ごめんなー、と手を振った。

「これでいいんでしょ」

 私と母との間に割って入るように戻ると、わらびはなんだか大人びた仕種で、私のおでこを指先でつついて行った。

 顔がいいだけのダメっ子のくせに、たまにそういう生意気なことをする。それともわらびにすれば、ずっと成長しないのは私のほうだろうか。

 中学生のときと少しも変わらず、いつまでも母との仲がぎくしゃくしている私に、もっとうまくやりなよ、と言いたかったのかもしれない。


(つづく)



NEXT »#44 恋する時間(14)


« 小説を1話から読む

■ジユウな母とオクビョウな私|バックナンバー

第38話:恋する時間(8)


第39話:恋する時間(9)


第40話:恋する時間(10)


第41話:恋する時間(11)


第42話:恋する時間(12)



  • 藤野千夜 (小説家)

    1962年2月生まれの魚座のB型。 2000年に『夏の約束』で芥川賞受賞。 著書に『ルート225』『君のいた日々』『時穴みみか』『すしそばてんぷら』『編集ども集まれ!』など。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag