母と娘

【小説】ジユウな母とオクビョウな私 #37 恋する時間(7)

  • 更新日:2020/01/15

« 前回から読む

#37 恋する時間(7)

「残酷って……なにが」

 電話をかけてきた母の剣幕に驚きながら、私が訊くと、

「だって、残酷なの!」

 母はもう一度、その言葉を繰り返した。

 残酷。

 ざんこく。ザンコク……。

 一体どんな出来事があったのだろう。

「……なにか、こわいことがあったの……ベランダで」

 おそるおそる訊く。

「言えない、そんなの」

「まさか……本当はまだ巣がなくなってないの?」

「ううん、それはなくなった」

 言うと、母は深くため息をついた。こちらの動揺が伝わったに違いない。少し芝居がかって聞こえる。

「言ってよ、早く」

 じれて催促した時点で、もう完全に私の負けだったのだろう。

「ダメ。言えない」

「なんで」

 ふう、と母は深いため息をもう一回つくと、

「こごみちゃん。一度うちに帰って、自分の目で確かめなさい」

 妙におごそかに、教会のシスターかなにかみたいな口ぶりで言った。


 家にいるもう一人の肉親は、相変わらず役に立たなかった。

〈へ? なに? ベランダ? なんかあったの〉

 LINEで訊いても、そんな返事しか寄越さない。

〈俺知らない〉

〈くにこにきいてみる〉

〈くにこも知らない〉

 彼女は確か、くにもと、という苗字だったと思うけれど、下の名前もくにこだったのか。それとも、二人の間での呼び名がくにこなのか。たぶん呼び名だろう。

〈それより姉ちゃん、築地って近い?〉

 わらびはあっさり話を変えてきた。

〈築地? 近いよ。なんで?〉

 もやっとしながら答えると、

〈これ買って来て〉

 お店の紹介サイトを貼りつけてきた。築地場外で七十年営業する、穴子で有名な仲卸店らしい。〈穴子の寿司と、あと煮穴子も頼みます〉

 …………。


(つづく)



NEXT »#38 恋する時間(8)


« 小説を1話から読む

■ジユウな母とオクビョウな私|バックナンバー

第32話:恋する時間(2)


第33話:恋する時間(3)


第34話:恋する時間(4)


第35話:恋する時間(5)


第36話:恋する時間(6)



  • 藤野千夜 (小説家)

    1962年2月生まれの魚座のB型。 2000年に『夏の約束』で芥川賞受賞。 著書に『ルート225』『君のいた日々』『時穴みみか』『すしそばてんぷら』『編集ども集まれ!』など。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag