成田凌さん『カツベン』インタビュー

本番直前になるとアクビが出てしまう…!? 映画『カツベン!』主演・成田凌さんインタビュー【後編】

  • 更新日:2019/12/16

12月13日に公開された周防正行監督の新作『カツベン!』で、主人公の染谷俊太郎を演じる成田凌さんのインタビュー!【後編】では本作の見所の一つであるアクションシーンや俳優としての心構えなどについて伺いました。

<<前編から読む

俺、ちょっと運動神経良いかもしれない

成田凌さん『カツベン』インタビュー

──俊太郎と泥棒・安田(音尾琢真さん)と熱血刑事・木村(竹野内豊さん)の三つ巴の追っ掛けシーンは、それこそかつてのチャップリンみたいな無声映画っぽいドタバタ感があって、とても楽しいシーンになっていますね。

成田: あの一連のシーンはアナログ的な手法で撮っているので、俳優、スタッフ……全員の息がひとつに成らないとダメなわけで、セットも一度壊れたら簡単には直せないですし。昔ながらの映画の作り方で、妥協がひとつも無く、モノを作るってこういうことなんだなってことを実感させられました。


──一発勝負の緊張感の中で演られていたんですね。

成田: 他のアクションシーンではちょっとした殺陣があって、そんなに練習が出来なかったんですけど、僕も「大丈夫です」って言ったら、本番では相手の方が全力できて下さって。僕も全力で逃げました(笑)。


──実際のところは大丈夫だったんですか。

成田: 大丈夫でしたよ。トラックの荷台に飛び乗るシーンも、最初は「こんなの出来る人いるのかな」って思ったけど、やってみたら出来ちゃったし(笑)。今回の作品で「俺、ちょっと運動神経良いかもしれない」ってことに気付かされました(笑)。


いかに自分をニュートラルなところまで持っていけるか

成田凌さん『カツベン』インタビュー

──成田さん御自身、たくさんの新しい発見があったんですね。普段から新しいことに挑戦される時に、御自身の中で意識されていることはありますか。

成田: 僕自身、あまり人見知りみたいなものが無いので、割とひょいといっているかもしれないです。その“ひょい”が何なのかは自分でも判らないですけど。準備をするということは何か怖いからだと思うんです。例えば、セリフをうろ覚えで現場に行ったら、その日は一日中心がホントに疲弊していくんですね。だから、完璧なまでに覚えていくというか。毎日何かしら違くて、新しいことをやっているって感じなので、いかに自分をニュートラルなところまで持っていけるかを大事にしていて、だいたい何も考えないで現場に入るようにしています。


──ルーティーンとかあるんですか?

成田: やろうとしているわけじゃないけど、「ヨーイ、スタート!」の前になると自然とアクビが出ちゃうんですよ。たぶん、体がすごく緊張しているから自然とリラックスしようとしているんでしょうね。


素晴らしい役者さんほど楽にいさせてくれる

成田凌さん『カツベン』インタビュー

──今回の現場も含めて、色んな先輩方と一緒にお芝居されて、こういう一面を自分も吸収していきたいなって思われたことはありますか。

成田: みなさんに共通していることは、素晴らしい役者さんほど楽にいさせてくれる……ということなんです。この『カツベン!』で言うと竹野内豊さん。『ルパン三世』に出てくる銭形警部みたいで、すごく愛くるしくて、こんな竹野内さんって見たこと無かったし。それと周防組常連の竹中直人さん。


──竹中さんは本作では靑木館の館主を好演されていましたね。

成田: 竹中さんのお芝居を見ていると、アドリブって無くてはならないものだと思わされるんです。竹中さんと同じテンションにはなれないけど、脚本からどのくらいはみ出して良いのかっていう基準を教えてもらいましたし、こういう役者に成りたいと思いましたね。

成田凌さん『カツベン』インタビュー

──『カツベン!』の登場人物たちってクセ者揃いでしたが、成田さんがクセになった役者ってこれまでいらっしゃいましたか。

成田: この『カツベン!』で共演させたもらった黒島結菜さんかな。俊太郎の初恋相手の梅子を演じていて、カメラの前に立つとすごいパワーを発するんですよ。劇中、活動写真の前で俊太郎と梅子の掛け合いのシーンがあったので2回練習をやったんです。一回目は「大丈夫かな」って思ったんですけど、二回目には完璧に仕上げてきて、すごい役者さんだなって。


オフが取れたらアフリカに行ってみたい!

成田凌さん『カツベン』インタビュー

──さて、今年だけでもたくさんの作品に参加されて、多方面で活躍される多忙な成田さんですが、気分転換にされることはありますか。


成田: 最近気付いたんですけど、料理をすることですかね。その時間は料理をすることに集中していて、そのことだけを考えている時間なので良いですよね。


──ちなみに、これから挑戦してみたい料理ってありますか。

成田: このあいだプライベートでスリランカに行ったときにスパイスを買ってきたんでカレーを作ってみたいですね。友達みんなで餃子も良いかな。でも、いまの季節だったら、鍋も良いですよね。


──では最後に、まとまったオフが取れたら何をされたいですか。

成田: アフリカに行きたいです。メチャクチャ行ってみたいんですよ。動物も見たいし、景色も見たいし、食べ物も気になるし。僕の周りで行ったことがある人みんなが良いって言うんです。みんなが良いっていうモノは絶対いいと思うんですよ。でも、その前に精神的にも体力的にも強くなりたいですね。潔癖症過ぎて行きづらいところがあるんで(笑)。

成田凌さん『カツベン』インタビュー

──(笑)。
今日は成田さんの新たというか、意外な面も聞かせてもらって楽しかったです。ありがとうございました。


プレゼント

成田凌さん『カツベン』インタビュー

映画『カツベン』の特製プレスシートをお土産に頂いてきました!今回は、女子カレLOVABLEのtwitterアカウントをフォローして固定ツイートをリツイートしてくれた方抽選で2名様にプレゼントします。
女子カレのtwitterアカウントから、固定ツイートをリツイートしてね!

※当選者の発表は商品の発送を持って代えさせて頂きます

女子カレLOVABLEtwitter


プロフィール

成田凌(なりた・りょう)

1993年11月22日、埼玉県生まれ。2013年、ファッション誌「MEN’S NON-NO」の専属モデルとしてデビュー。2014年、ドラマ『FLASHBACK』で俳優デビュー。以降、多くのドラマや映画に出演。第41回日本アカデミー賞新人賞、第11回TAMA映画賞最優秀新進男優賞受賞。公開待機作に『スマホを落しただけなのに 囚われの殺人鬼』、『弥生、三月‐君を愛した30年‐』、『糸』、『窮鼠はチーズの夢を見る』などがある。


作品情報

映画『カツベン!』は12月13日(金)より全国ロードショー

配給:東映

(C)2019「カツベン!」製作委員会



メイク 宮本愛(yosine.)
スタイリスト 伊藤省吾(sitor)

Writing:鈴木一俊/Photo:川しまゆうこ

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag