エンタメ

「タクシーでつい話を聞いちゃう」気遣いさんの悲しい生態10選

お酒を注いだり、サラダを取り分けたり気遣いができる女性は、男性からのポイントが高いですよね。ですが、その“気遣い”をやりすぎてしまう「気遣いさん」は苦労の連続です。空気を読めずに「KY」と言われている人たちの、図太い神経が羨ましく感じるほど。

そんな気遣いさんたちの、ちょっと笑える「あるある生態」を紹介します。

あなたには、この気持が分かりますか?

気遣いさんの悲しい生態10選<

「気遣いさん」は日常生活でこんな苦労をしているのです。


●その1:タクシーに気を遣う

「先日乗ったタクシーの運転手が、ものすごく話し掛けてくる人で困りました。疲れていたので話したくはなかったのですが、しゃべりたくないオーラを出すと気を悪くすると思い、ず~っと話をしてグッタリしてしまいました」(28歳/薬剤師)


○「お金を払って、気を遣って、疲れる」気遣いさんならではの、乗り方です。


●その2:歩行者に気を遣う

「歩行者に自転車のベルが鳴らせません。先日自転車に乗っていたとき、おしゃべりに夢中で横に広がって歩くおばさんたちの後を、ず~~っと後ろから、トボトボと付いて歩いたこともあります」(31歳/介護福祉士)


○気遣いさんたちは、車のクラクションの音を聞くと、自分に鳴らされたと思ってビクッとなるそうです。


●その3:ウェイトレスに気を遣う

「ウエイトレスが注文を待っていると、あせってしまい、メニューが決められません。『決まったころにまた来ますと』と言ってどこかに行かれると安心しますが、『また来てもらわないといけない。二度手間にさせてしまった』と申し訳なく思って、お店に居づらくなります」(33歳/派遣社員)


○ウエイトレスを呼ぶときにドキドキ、注文を言いながらドキドキ……。


●その4:販売員に気を遣う

「ディスプレイされている服が気になって、その周りをウロウロしていたら『試着されますか?』と声を掛けられました。でも、似合わないかもしれないし、マネキンから外さないといけないしと、いろんな思いに押し潰されそうになり、試着できませんでした」(30歳/経理)


○試着したが最後、お買い上げせずには店から出られないのも、気遣いさんの生態。


●その5:友人に気を遣う

「風邪気味で体調が悪かったのですが、みんなが凄く盛り上がっていたので、言い出すことができなくって、深夜までカラオケに付き合ってしまいました。翌日、寝込んでしまいました」(29歳/会計士)


○気遣いさんはまわりの勢いに圧倒されて、頑張ってしまう生き物なのです。


●その6:美容師に気を遣う

「美容室に行くときは、して欲しい髪形を説明したり、美容師さんの話に合わせたりするので、気合いを入れないと行けません。あまりイメージ通りではなくても、『良い感じです!』と必要以上に喜んだフリをして、自己嫌悪に陥ってしまいます」(32歳/広告代理店)


○カットされているあいだ、雑誌を読んで良いのかどうかも悩み続けています。


●その7:ティッシュ配りに気を遣う

「街で配っているポケットテッシュを受け取らずにスルーすると、感じが悪い人だと思われそうで、少し会釈をしながら毎回受取ってしまいます。家にはポケットテッシュが段ボールにいっぱいになっています」(27歳/公務員)


○そつなく受け取れたときに、ちょっと嬉しくなったら、あなたも気遣い上級者です。


●その8:ピザ屋に気を遣う

「注文してから30分以内に配達してくれるピザ屋が来ずに、1時間近く経って届いたピザは冷たくなっていたのですが、文句を言えませんでした。むしろ『雨の中大変でしたね。すみません』と相手に謝ってしまいました」(34歳/Webクリエイター)


○悪くないのに謝ってしまうときのせつなさ……、分かります!


●その9:母親に気を遣う

「この歳になっても、母親に嫌いな食べ物を言い出せないでいる。嫌いなトマトなのに、好きだと思い込んでいる母の前では、美味しそうにトマトを食べるフリをしないといけないのがつらい」(28歳/金融)


○身内にまで気を使うなんて……。近い将来、ハゲるか胃に穴が開きそうですね。


●その10:メールに気を遣う

「友だちにメールをするときに、取り込み中だったらどうしよう、もう寝ているかもしれないからと、時間帯を気にしてしまいます。返信がなかなか来ないときは、自分の送った文面がいけなかったのかもと思い、何度も送信した内容を確認してしまう」(32歳/歯科衛生士)


○メールでこれなので、電話しようものなら、脇汗が半端ないことに……。


気遣いすぎて重い女にならないように!

気遣いが過ぎると相手も息苦しくなるし、自分自身も疲れ果ててしまいます。尽しまくる女性から男性が離れていく理由は、その気持ちが重く、好意的に感じられていないからです。


気遣いのバランスが上手くいく相手だと、こちらも何かしてあげたいと感じ、居心地も良くなります。「私はこんな性格だから……」と、気遣いさん気取りが過ぎることは、実は周りが見えていないKYかもしれませんよ。


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ