エンタメ

「いいね」したくない!フェイスブックにいる『かまってちゃん男子』特徴10選

かまってちゃん男子

今や、TwitterやLINEと並ぶSNSツールとしての絶対的な地位を確立した「Facebook」。

投稿に対して気軽に「イイネ!」できるため、知らない人ともライトなコミュニケーションをはかることができます。

しかし残念ながらそのなかには、Facebookで絡んでほしがりな“構ってちゃん男子”も多く見かけます。


今回はそんな彼らのイタい特徴をご紹介します。


Facebookにいる構ってちゃん特徴10選

あなたの周りにもFacebookをやっている人が多いのではないでしょうか?

しかし、なかにはリアルの世界の「俺ね、俺ね」という“構ってちゃん”のように、“Facebook版構ってちゃん”も登場してきました。

彼らのウザい特徴をチェックしてみましょう。


●その1:毎日目標をアツく宣言してみせる

たとえば「今日は月曜日。××を聴いてテンション上げて頑張るぜ!」「いよいよ金曜日。週末に向けて今週分の仕事をきっちり終わらせるぜ!」などと投稿する構ってちゃん。煽られているようで、ついこちらも焦ってしまいます。


アツすぎる闘志は心の中だけにとどめてくれ!


●その2:病気の進行具合をマメに記録する

たとえば「風邪ひいた。今の体温、38度」「やべー、39度になっちまった」など病気の変化を逐一投稿する構ってちゃん。そのマメさに脱帽。コメント欄に「大丈夫?」と書かれるのを期待しています。


PC落として大人しく寝てください!


●その3:出発・帰宅報告を忘れたことを謝る

たとえば「今朝、行ってきますを忘れてたけど、ちゃんと電車乗ってるよ(^^)/」「ゴメン、実は3時間前に帰宅してた(^^;)」などと毎日投稿する構ってちゃん。


あなたの移動、誰も気にしていないと思うんですけど……。コメントが1つもついていないのが悲しすぎ!


●その4:意味深なことを書き込む

たとえば「ひどいことをしてしまったぜ……」などと夜中の奇妙な時間に意味深な投稿をする構ってちゃん。何かしらあったことを連想させたいのでしょう。

つっこまれたいのが見え見え!


●その5:休日出勤時の労働時間をアピールする

たとえば「土曜だけど12時間勤務した♪」「土日徹夜してみた。合計で19時間働いたぜ」などと、労働時間をわざわざ報告する構ってちゃん。「休みの日に勤勉なオレ」に心酔しています。


「はいはい、平日に仕事が終わらない人なんですね」としか思えません。


●その6:身体を鍛えていることをアピールする

たとえば「ランニング行ってくる」「ジム行ってきた」などとトレーニングしていることを投稿する構ってちゃん。しかも毎回「証拠です」と言わんばかりに、トレーニング姿を写真でアップ。何だかいいね!しないといけない感じになるではないですか。

他人にいいね!を強要する投稿、やめてください!


●その7:交際ステータスを「複雑な関係」にしている

見た人へ「複雑ってどういうこと?」「彼女がいたりいなかったり?」「不倫してる?」などと思わせたいのでしょうか。そう感じさせてどんな得があるのでしょうか。

ミステリアスぶるな!


●その8:やんわりとデート相手を募集する

たとえば観覧車のリンクと共に「誰か一緒に乗ってくれる人いないかなーチラチラ」などと投稿する構ってちゃん。しかし冷やかしの「いいね」が付くだけ。

デートに直接誘う相手がいないのでしょうか?と、可哀想な気持ちになります。


●その9:値の張るものを買ったら写真とともにアップする

たとえば「グッチの財布ゲット!」「ダブルベッド購入。布団も新調してふかふか」などと写真に解説を付けて購入物を紹介する構ってちゃん。そのベッド脇へヴィトンのスーツケースなどを置いて撮影する場合も。


元から持っている高級品と共にアップするあたりが、セコいアピールだなとしか思えません。


●その10:昔の写真をアップする

たとえば高校時代の写真を「部屋掃除してたら出てきたw」などと投稿する構ってちゃん。掃除というのは写真をアップしたいための言い訳です。

つっこまれることを待っているのです。ちゃんと掃除して!


構ってちゃん男子はモテないぞ!

「きっと、付き合ったらいいね!してあげないと不機嫌になるんだろうな」と思ってしまう、Facebook版構ってちゃん。


Facebookは上手にクールに活用したいものですね。


女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ