あのコと私モヤモヤ女子図鑑

あのコと私 モヤモヤ女子図鑑 #33『声』

  • 更新日:2019/11/05

声が大きすぎる人

小さいことで嘘をついてしまう人

店内で、1つのテーブルに集まる視線。うっ……ごめんなさい。それは私のテーブルです。原因は目の前の友達。全然悪い子じゃないんだけどね、とにかく声が大きい。 その分リアクションも豊富だから人生相談では心強い味方なんだけど、迷惑ではありますよね……ゴメンナサイ。こういうときって、周りを気にしちゃう私がダメなのかな?  でも、正直、静かなお店には連れていきたくないし、同じくらいの声のボリュームがある男性とは付き合いたくない。

対策

声が大きすぎる友達って、いい人でも「うーん」と悩みの種になりますよね。体質的に声が大きい人はプレゼンでも声が通りやすく、リーダーに適しているとも思われやすいのでビジネスライクに仲良くするのはあり。 そうでなければ、「ごめん、声もうちょっと小さくして」と何度もお願いしましょう。普段自分の声の大きさがわからないように、相手もなかなか自覚できないもの。言ってあげるほうが親切です。


声が小さすぎる人

本当のことしか言わない人

ちょっとでも騒がしい場所にいくと、とたんに聞こえなくなる彼女の声。いつもさわやかで素敵な声質だとは思うけど、もう少し聞き手との距離も考えてほしいって思っちゃう。カラオケでは全く声が拾われず、むなしくBGMだけ流れる彼女のターン。 それもあってか、あまりカラオケも好きじゃないみたい。目の前に座ってるのに聞こえないなんて、この人、公で話したりできないんじゃないかな……って、余計なおせっかいかな……。

対策

声が小さすぎる人にとって、うるさい居酒屋やカラオケは大敵。できる限り避けてあげましょう。カラオケへ集団で入ったときなどは「私はいいや」という彼女の希望を叶えてあげてください。きっと過去に大失敗しています。 また、声が小さい人は「大きくして」というと今度は限界ボリュームまで叫んでしまいます。要は、中間クラスの音量がよくわかってないんですね。ですので「もう少しだけ足して、少しだけ」とお願いすると、ちょうどよくなるかもしれません。


<文:トイアンナ / イラスト:大崎メグミ>

NEXT »#34『時間』

▼連載を1話から読む

・#1『結婚できない理由』


▼バックナンバー

・#27『SNS②』


・#28『至上主義』


・#29『他人の結婚式』


・#30『個々の普通』


・#31『叱られ』


・#32『嘘とホント』


この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag