最近の編集部

最近の編集部 #14

  • 更新日:2019/09/27

編集部員の心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなくお届けする息抜き企画です。

かわしまたえこ(女子カレLOVABLE編集部)

“父と娘”の愛を感じる映画

先日『アド・アストラ』という映画を観てきました。ブラッド・ピット主演、缶コーヒーのCMでお馴染みのトミー・リー・ジョーンズが主人公の父親役として登場するSF映画です。本作は“父と息子”の物語だったのですが、この映画を観てあることに気づきました。「そういえば自分がこれまでに観た宇宙が舞台のSF映画でお気に入りの作品って、反対に“父と娘”の物語が多いな」と。ということで、今回はその中からおすすめの1本をご紹介しようと思います。


■コンタクト(1997)


地球外知的生命体の探査に情熱を捧げる主人公の物語。父親は、宇宙には何か生命体がいるのではと考えていた彼女の数少ない理解者でしたが、幼い頃に既に亡くなっています。私はこの父親の「地球人だけじゃ空間がもったいない」というセリフが大好きです(空間(space)と宇宙(space)をかけているところが茶目っ気があって良いですよね)。映画の終盤、その父と思いがけない形で再会を果たすことになるのですが、そのシーンが涙必至。

SF映画なので、地球外知的生命体や科学などがテーマの根幹にはあるのですが、そのほかにも宗教や政治、哲学といったテーマが複雑に絡み合った素晴らしい作品です。今年はアポロ11号の月面着陸から50周年の記念すべき年。SF映画が観たくなった時には、ぜひ『コンタクト』を手に取ってみてください。観終わった後、確実に観た人の心に何か温かい物を残してくれる作品です。


中村(女子カレLOVABLE編集部)

もふもふもふもふ

こんにちは。先日ふと「あ、もふもふしたい」と思い立ち、猫カフェに行ってきました。猫カフェといえば、『追いかけるのはNG!猫ちゃんたちが寄ってくるのを待つべし』というイメージが強かったのですが、「抱っこもOK」というとても人に慣れたネコチャンの多いお店に入れたので、思う存分ネコチャンを堪能できました。

ご飯をむさぼるネコチャン

ご飯をむさぼるネコチャン

銭湯でくつろぐおじいちゃんのようなネコチャン

銭湯でくつろぐおじいちゃんのようなネコチャン

青い瞳で外を見つめるネコチャン

青い瞳で外を見つめるネコチャン

立ち上がったネコチャン

何の前触れもなく立ち上がったネコチャン


なんというか…とりあえず最高でした…!

どのネコチャンも可愛くて美しくて、しかも人懐っこい子が多かったので、思う存分もふもふできました。

可愛いねぇ~ご飯食べる?撫でてもいいかな?と、キャバ嬢に入れ込むおじさんみたいな言葉しか思い浮かばず、今思うとだいぶ気持ち悪かったなと反省もしていますが、そんな人間にもきちんと接してくれたネコチャンたちに感謝です。



今週もお疲れ様でした。



▼バックナンバー

・最近の編集部 #9


・最近の編集部 #10


・最近の編集部 #11


・最近の編集部 #12


・最近の編集部 #13


  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag