母と娘

【小説】ジユウな母とオクビョウな私 #31 恋する時間(1)

  • 更新日:2019/10/10

« 前回から読む

#31 恋する時間(1)

「寮」に帰ってホッとひと息つくと、月曜日からまた出勤して仕事をこなした。

 火曜日のお昼に小麦粉好きの先輩、中園さんと定番の「花時計」へホットケーキのランチを食べに行き、うまい、やっぱりうまい、と二人で絶賛。私は二段、中園さんは三段をぺろりと平らげると、コーヒーを飲みながら、ベランダの鳩の巣の話をする。

 といっても、母からの連絡はその後なかったから、駆除業者が来てくれたかどうかもわからなかったけれども。

「意外に生々しいんですよ、ひな。放っておくと、すぐ大きくなるんでしょうけど。それはそれでこわいですよね」

「鳥だもんね。人間みたいに十何年も子供やってるわけにいかないよね。巣立つのに一ヵ月もかからないでしょ」

「あー。そう思うと、人間の親って大変ですね。いつまでも、いつまでも子育て」

「少し感謝した? お母さんに」

「いいえ、うちは問題母なんで。でも、わらびなんて、二十歳すぎても家で甘えまくってますよ。ご飯は作らないし、掃除も、洗濯もしない。そのくせ彼女は作っちゃって!」

「二十歳すぎならまだ可愛いんじゃないの? 結婚するまでお母さんに全部面倒みてもらって、結婚したら、あとは奥さんにまかせるって人、たくさんいるんじゃない?」

 確かにそんなマザコン系の仕事男は、たくさん生息しているのかもしれない。とはいえ、ランチタイムの「花時計」には、老舗のフルーツパーラーで働いていたという店長以外、見事なくらい男の人の姿はない。


〈こごみって、次いつ帰る? 今週? また飲み会する? 肉バル行こうぜ〉

 さっそく太陽にLINEで誘われ、私は少し困った。

 毎週末、飲み会をしているとは聞いたけれど、本当に毎週誘ってくれるのだろうか。

〈今週はちょっと無理かな。ごめん〉

〈そーなの? じゃあ、いつ? 来週?〉

〈わからない……来月……後半くらい〉

〈え! そんな先? 忙しいの? 仕事?〉

 仕事じゃないけどいろいろ……と入力しかけてやめた。ごめんね、と可愛いめのスタンプを送っておく。どんまい、と美香ちゃんからのスタンプが届いた。

 ずっと恋人も好きな人もいないと教えたから、太陽には、よっぽど暇に思われたのだろう。

 恋愛と仕事以外にも、人にはたくさん用があると思うのだけれど。


(つづく)



NEXT » #32 恋する時間(2)


■ジユウな母とオクビョウな私|バックナンバー

第26話:ベランダの鳩(26)


第27話:ベランダの鳩(27)


第28話:ベランダの鳩(28)


第29話:ベランダの鳩(29)


第25話:ベランダの鳩(30)



  • 藤野千夜 (小説家)

    1962年2月生まれの魚座のB型。 2000年に『夏の約束』で芥川賞受賞。 著書に『ルート225』『君のいた日々』『時穴みみか』『すしそばてんぷら』『編集ども集まれ!』など。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag