映画『台風家族』

3週間の限定公開!草彅剛さん主演『台風家族』草彅さん&市井監督インタビュー【前編】

  • 更新日:2019/09/06

 映画、ドラマに留まらず多方面での活動も目覚ましい草彅剛さんが主演を務めた映画『台風家族』が満を持して3週間の期間限定で公開の運びとなりました。鈴木家の兄弟が、両親が残した財産分与を巡って世界一クズな一家が巻き起こす一日の騒動をブラックユーモアを交えて描いた作品。今回は主人公で長男・小鉄に扮した草彅さんと本作でメガホンを取られた市井昌秀監督にお話を伺いました。


楽しい役を戴けて良かった(草彅)

映画『台風家族』

──草彅さんは今春公開された映画『まく子』でも女好きで浮気性の父親を演じられていますが、今回の小鉄も遺産を独り占めしようと考えている長男で、そういった意味ではクズ役が続いていますね(笑)。

草彅剛(以下、草彅): そうですね。そういう変なオヤジみたいなのが多いですよね。人って色んな面があって、たまたまそういうところが誇張されたりとかして、なんか人間ぽいなぁって思って共感できるので、演じる分にはメチャクチャ面白いですよ。

──ポイント、ポイントで思わず噴き出してしまうコミカルなシーンもありましたよね

草彅: 今回で言うとクズな部分に特化したり誇張したりすると演じ易かったりするので、どこかちょっと微笑ましかったりして、でもどこかほっとけないなみたいなところは意識して役に臨んだんです。演じる上では役の楽しみ方って色々あると思うけど、仕事としては「楽しい役を戴けて良かったな~」っていう幸福感もありましたね。

映画『台風家族』

──今回は市井監督が脚本も書かれていますが、小鉄のキャラを草彅さんで当て書きされたと伺っていますが……。

市井昌秀(以下、市井): 小鉄ってホントにちっちゃいところに拘る汚さや小狡さがあるんだけど、これまで草彅さんが出演されたドラマや映画を観て気付いたのは、そういったキャラをこれまであんまり演られていないなって。

──そういえば!これまでは悪役というと、例えば裏社会とかに関わっているみたいな大胆で危険な香りが漂ってくるような役が多かったですよね。

市井:そうそう。だから、草彅さんがこんなキャラを演ったら面白いんじゃないかな……というよりも僕が見てみたいなって。そんな思いが脚本を書くときにはあって、それで筆が進んだ……という部分はありましたね。で、実際の現場では僕の想像以上に小鉄のキャラを膨らませてもらってお芝居されていましたけど、その膨らませ方がとても素敵でしたね。


現場で生まれるものを大事にしたい(市井監督)

映画『台風家族』

──映画を拝見して、ここはアドリブじゃないかなって思える俳優陣のお芝居が随所にあったかと思いますが、市井監督が成功したなって思えるアドリブってありましたか。

市井: 中盤の回想シーンで、小鉄と藤竜也さん扮する父・一鉄の殴り合いの下りで、一鉄が「ちょっと待て」と隙を見せて小鉄を殴る……という二人のやり取りは現場で生まれたんですよ。

──そうだったんですね。

市井: どちらにもそういう小狡いところがあるという設定が最初にあって、二人が段取りをされているときにパッと浮かんできたんですね。ま、それは厳密にはアドリブとは言えないですけど、やっぱり現場で生まれるものっていうのを大事にしたいなって。


草彅: それにしても、あのシーンでの藤さんのパンチってすごく速かったよね(笑)。

映画『台風家族』

──そうですよね。藤さんって確か70歳代後半ですが、とてもそうは思えないくらい動きが軽かったですよね(笑)。

草彅: それも正面からどストレートで来たんだよね、横からとかじゃなくて(笑)。もちろん、寸止めなんだけど、ホントに当たるんじゃないかって感じだったから、俺も避けなきゃって。

──あのシーンは本当に驚きのひと言に尽きますよね。


ダンス・シーンは事前に何も考えないで臨みました(草彅)

映画『台風家族』

草彅: 僕がお芝居をする上で心に留めていたことは周りの役者さんがセリフを言ってちょっと間が空いたら次は僕のセリフの番かなってこと。基本はそんな感じで演じていたって感じでしたね(笑)。それがかえってリアルで良いのかなって。そういう意味ではほぼアドリブって言ってもいいのかな。踊るところもそうだけど。

──本作の予告の最後でも少しだけ見られる、いわゆるクズ・ダンスとも言える、あのシーンですね。

草彅: あそこは市井監督が事前に打ち合わせをしたいって、なんかすごく求められてたんです。でも、僕としては早く帰りたかったから「考えときます」って言ってその場をやり過ごしてたんです(笑)。でも、ホントは考えないで本番で臨んだのがアレなんです。だから、あれはアドリブなんですよね。

映画『台風家族』

──ということは、監督やスタッフも含め誰も事前には見ていなかった!?

草彅: そう。市井監督は「どういう感じでやりますか」ってすごく楽しみにされていて、僕からしたらそれがかえってプレッシャーで(笑)。市井監督には「大丈夫、大丈夫」って誤魔化し誤魔化しで臨んだんです。だから、正直焦っているところもあって、そんな気持ちも相まって、あのダンス・シーンは生まれたんですよ。


──藤さんとのシーンもそうですが、見逃せないですね。【後編】では撮影現場の雰囲気などを中心に訊かせていただきます!


>>後編:草彅さん&市井監督、彼らがメンタル回復の為にまずやるのは?【『台風家族』インタビュー後編】はこちらから


★映画『台風家族』はTOHOシネマズ 他にて9月6日(金)より26日(木)までの3週間限定ロードショー



プレゼント

映画『台風家族』

詳しくは記事後半をチェックして下さいね!


プロフィール

草彅剛(くさなぎ・つよし)

1974年7月9日、愛媛県生まれ。A型。1991年、CDデビュー。2017年9月、稲垣吾郎、香取慎吾らとオフィシャルファンサイト「新しい地図」を立ち上げる。主な出演作に『黄泉がえり』、『あなたへ』などの映画や『僕と彼女と彼女の生きる道』、『任侠ヘルパー』などのドラマ、『バリーターク』、『道』などの舞台がある。2005年、橋田寿賀子賞受賞。


市井昌秀(いちい・まさひで)

1976年4月1日、富山県生まれ。漫才グループ「髭男爵」の元メンバー。2006年、初の長編作品となる自主映画『隼』が2006年の第30回ぴあフィルムフェスティバルにおいて準グランプリと技術賞を受賞。2013年、『箱入り息子の恋』で商業映画デビュー。現在放映中の連続ドラマ『サウナーマン~汗か涙かわからない~』(朝日放送系)の演出を手掛ける。


配給:キノフィルムズ

©2019「台風家族」フィルムパートナーズ


Writing:鈴木一俊 / Photo:川しまゆうこ

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag