母と娘

【小説】ジユウな母とオクビョウな私 #29 ベランダの鳩(29)

  • 更新日:2019/09/26

« 前回から読む

#29 ベランダの鳩(29)

 薄く衣をつけたこごみを、フライパンでじゅわーっと揚げていると、わらびがキッチンに入って来た。

「姉ちゃん、まだ? 腹へったよー」

 目を輝かせ、にこにこと訊く。夜ふけに手間のかかることを頼んでおいて、一切悪びれる様子はない。その素直さは、きっとわらびのよいところなのだろう。

 ぐるぐる巻きのこごみほどではないにしても、山菜のわらびも先が巻いた頃をみんな好んで食べるのに、どうしてこちらは真っ直ぐに育ったのか。いちいちだらしないのは母似だけれども。

「もうできるよ、テーブル空けといて」

「了解」

 ずいぶんいい返事をして出ていった。

 母が留守がちだった時期、いつも二人で晩ご飯を食べていたのを思い出した。順番で弟にもまかせるのだけれど、すぐにカップ麺とか、買って来たお弁当とか、近くのハンバーグ屋さんに食べに行こうとか言い出すので、たまに口論になった。

 豚肉が賞味期限だよ、とか、もやしがたくさんある、とか、あ、昨日炊いたご飯の残り、とか。やんわり冷蔵庫に残っているものを使ってほしいと依頼すると、

「余らせたのは姉ちゃんだから、それなら姉ちゃんが作って」

 と言い返されるのだった。じゃあいいよ、わかった、としぶしぶでも私が当番をかわれば、それでわらびはにこにこ顔だった。あれはわらびが中学に上がったくらいのことだったか。

 一パック、大した量ではなかったので全部天ぷらにして、お皿に盛ってテーブルに運んだ。さっき測って戻ったかと思うくらい、丸い大皿がぎりぎり置けるスペースが空けてある。

「来た、こごみ」

 と歓迎の声が上がると、私自身が喜ばれているような嬉しい気持ちになった。お皿を置き、ようやく席に着くと、

「天つゆは?」

 あくまで面倒な弟が言った。

「塩で食べようよ、塩」

「塩?」

「こごみは塩なの。いただきまーす」

 言い切ってまず自分が一つ、ちょん、と塩をつけた天ぷらを箸で口に運ぶ。

「塩対応」

 サトシさんがぽそりと言い、それがツボだったらしい、くにちゃんが弾けるように笑った。


(つづく)



NEXT » ベランダの鳩(30)



« 小説を1話から読む

■ジユウな母とオクビョウな私|バックナンバー

第24話:ベランダの鳩(24)


第25話:ベランダの鳩(25)


第26話:ベランダの鳩(26)


第27話:ベランダの鳩(27)


第28話:ベランダの鳩(28)



  • 藤野千夜 (小説家)

    1962年2月生まれの魚座のB型。 2000年に『夏の約束』で芥川賞受賞。 著書に『ルート225』『君のいた日々』『時穴みみか』『すしそばてんぷら』『編集ども集まれ!』など。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag