プレスリリース現代女性の恋活事情

マッチングアプリを使って結婚した人は6%!?現代女性の恋活事情

  • 更新日:2019/08/26

 最近は、婚活の手段としてマッチングアプリを利用している人も少なくないですよね。実際に、筆者の周りでも利用している人は何人もいます。

 今回は、そんなマッチングアプリについて『愛カツ』が実施した調査から、女性たちの利用歴や実際の出会いなどについてご紹介したいと思います。


マッチングアプリを使って結婚した人は6%

 まず、愛カツの女性読者に対して行われたのが、マッチングアプリの利用歴と実際に出会えたかどうかについての質問。回答結果は以下の通りです。


女性たちのマッチングアプリの利用歴

 「使って出会った人と結婚した」「使って付き合うことができた」の合計が39.3%で、約4割の方が、マッチングアプリを介して付き合ったり、結婚したりした経験があると回答しています。そして、使ったことがある人の人数を合計すると、約7割。このことから「実際に出会える手段」として、マッチングアプリが普及していることが分かります。


女性がマッチングアプリで相手を探すときに一番重視することは?

 誰しも、マッチングアプリで相手を探すときに一番重視する条件があるはず。ということで、女性を対象に質問した結果がこちらです。


マッチングアプリで相手を探す時に重視すること

 圧倒的に多くの票を集めたのが「プロフィール写真」。次いで「年収」「年齢」という結果となりました。

 一般的には女性が男性を選択するときに、複数の条件を組み合わせて選択しますが、マッチングアプリを利用する際「一番重視する条件」は圧倒的にルックス、次に年収のようです。また、「居住地」「お酒・タバコ」「休日」などもある程度重視する人がいる一方で、「学歴」や「いいねの数」「登録歴」はほとんど重視されない結果となりました。


恋愛結婚学研究所・所長 新上 幸二のコメント

 「マッチングアプリは、一昔前で言うところの出会い系とサービスの仕組み自体は一緒です。しかし、各社は、好感を持たれるイメージ作りや、安心してユーザーが利用できる運営体制を敷いているので、好意的にユーザーや業界から受け取られています。

 マッチングアプリによる恋愛が盛んになる一方で、今回調査結果に現れたような「プロフィールによる区別」が一層進む傾向にあり、サービス利用者全体としての満足度が下がりつつある一因になっています。

 今後は、Pairsが開始したPairsエンゲージのように、婚活を真剣に考えているユーザーが満足して使えるサービスが求められるでしょう」



 今回の結果を見る限り、実際に話したこともない相手とアプリ上で関わる上で、まず第一の関門となるのが「プロフィール写真」のようです。当たり前といえば当たり前の結果ですが、いかに写真が重要か分かりますね。おそらく男性に同じ質問をしたところで、最も重視するポイントとして同じ回答が上がると思うので、女性側も同じように意識する必要があるのかも?



参考

愛カツ

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag