プレスリリース社会人になってからの恋人の有無

社会人になってから恋人が「一度もいない」男女は4割!?

  • 更新日:2019/08/25

 「社会人になったら出会いがない」というのはよく聞くことですが、実際に出会いのなさに悩んでいる方は多いのでは? そこでベースメントアップス株式会社が実施したのが「社会人になってからの恋人の有無」を調べるアンケート調査。1970年代から右肩上がりとなっている日本の未婚率ですが、その現状を思い知らされる興味深い結果となりました。


今恋人が「いる」社会人はたったの3割

 社会人を対象に、「社会人になってから恋人はいますか?」と質問した結果、以下のような結果に。


社会人になってから恋人がいる人の割合

退職の前に読むサイトから引用


一度もいない: 40%

 社会人になってから恋人が一度もいないと回答した人が最多の40%となりました。調査人数が少ないことから結果に偏りがないとは言い切れませんが、やはり社会人になると仕事の関係上、「異性との出会い」がなくなってしまうのでしょうか。また、学生時代などとは異なり、職場の人間はあくまで仕事仲間であって、恋愛対象として見られない、といった理由も考えられるかもしれません。

 恋人がいない期間が長引けば、恋愛をすること自体がだんだんと億劫になってしまいます。将来、結婚することを考えている人は仕事とプライベートをうまく両立させて素敵な出会いを見つけたいですよね。


いる:34%

 現在、恋人がいると回答した人が34%で2番目に多い回答となりました。社会人として働きながら恋人を作ることができている人は、プライベートの時間を有効活用して恋人を作る、社内恋愛をして恋人を作るなど、上手く出会いの場を創出していることがわかります。また、出会いがないならないで、自ら作りに行くという前向きな姿勢でいるからこそ、現在恋人がいるという人も少なくないはず。「出会いがない」と言われる社会人で、恋人がいる・いないの差はやはりこういうところに現れてくるのではないでしょうか?


1年以上いない:17%

 17%の人が、1年以上恋人がいないと回答しました。前回の恋人に未練が残り引きずっているなど人それぞれの理由があるかと思いますが、1年間恋人がいない期間ができると、「恋愛の仕方を忘れた」と思う人が増えるように、恋愛に対して少し苦手意識が芽生えてしまうことがあるようです。将来、結婚を考えている人は精力的に「出会い」の場を探していきましょう。


1年以内にいた:9%

 恋人が1年以内にいたと回答した人は9%でした。1年間前回の恋人との恋愛を引きずっているという人もいるでしょう。ただ、前回の恋を忘れさせてくれるのもまた、恋。とりあえずは出会いの場に参加してみるなど、行動を起こしてみることも大切かも。

また、恋人を作って別れてを繰り返している人も少なからずいるので、それらのことを考えると、一年以内に恋人がいた人が9%というのは妥当な数字かもしれません。



 一番多いのが社会人になってから「一度もいない」だとは、驚きますよね。しかも社会人になってから、今現在恋人が「いる」という人が3割強しかいないとは。この結果を見る限り、未婚率の上昇も納得がいく結果となりました。しかし、逆に考えれば、今現在7割近い数字で「恋人がいない異性」がいると考えると、これってチャンスなのでは? 出会いがないと嘆いて何もしないのではなく、積極的に出会いを求めに行くことがやはり大切ということなのでしょう。



参考

べースメントアップス株式会社

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag